Image title

春野菜は栄養価が高いので、この時期は積極的に食事に取り入れて美容効果を上げていきたいですね♪

新じゃがと新たまのポタージュ

【新じゃがいも】
ビタミンCと食物繊維を豊富に含む食材です。
ビタミンCは、加熱してしまうとすぐに壊れてしまい、
本来の効果を失ってしまう性質がありますが、新じゃがいもなら調理過程で殆ど失うことなく
効率的に摂取できます。

〈材料〉2人分
--------------------------
・新じゃがいも 110g (約1個) 皮をむいた状態で
・新玉ねぎ 100g (大きめ約1/2個)
・バター 10g
・水 100cc
・コンソメ 小さじ1
・豆乳 200cc~
・塩こしょう 適量
--------------------------

作り方
☆下準備
・じゃがいもは皮をむき、薄くスライスしてお水にさらしておく。
・玉ねぎは薄くスライスする。

1 )鍋にバターを入れ、弱火でバターを溶かし、バターが溶けたら玉ねぎを入れて弱火~中火で焦がさないように炒める。
2) 玉葱に火が通ってきたら、水をよく切ったじゃがいもを加えてさらに炒める。
3 )じゃがいものフチが透き通ってきたら、水とコンソメを入れ、玉葱とじゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
4 )柔らかくなったら、豆乳を加える。
5 )粗熱が取れた⑥をミキサーorブレンダーにかけ、なめらかにする。
6) 鍋に戻して火にかけて温め、塩で味をととのえる。

菜の花とキャベツのコールスロー

【菜の花】
冬から春にかけて旬を迎える菜の花。
ほんのり苦味成分の「ケンフェロール」には、余分な脂肪を燃焼してくれる働きがあります。
さらに、βカロチンも豊富に含んでいるのでシミやしわにも効果的
ほかの緑黄色野菜よりも濃い美容成分を摂取できるので、旬のうちにたくさん食べておきたい食材です。

〈材料〉4人分
--------------------------
・春キャベツ 1/2
・菜の花 1/2パック
・☆塩小さじ 1/4
・☆無糖ヨーグルト 大さじ3
・☆柚子こしょう  小さじ1/4 
・しょうゆ 小さじ1/4
・白コショウ 少々

--------------------------
作り方
1) 春キャベツを千切りする。
ボールに春キャベツと塩を入れ揉み、2/3ほどのカサになるまでしっかりと揉む。
2) 10分ほど置き、出た水分をしっかりと絞る。
3) 菜の花を茹で水分を絞り、2㎝幅に切る。
4 )①と②に☆を合わせて手で和える。
15分ほど馴染ませて、仕上げに白こしょうを少々挽いてできあがり。

そら豆とトマトのジェノベーゼ

【そら豆】
春から初夏にかけて旬を迎える、そら豆。
そら豆には、ビタミンB2や亜鉛などの体を健康に保つ栄養素がバランス良く含まれています。
亜鉛が不足すると肌荒れの原因になることも。
また、利尿効果があるので、体が水分を排出しやすくなり、むくみの改善も期待できます。

〈材料〉1人分
--------------------------
・そら豆(サヤから取ったもの) 10個
・トマト(乱切り) 1個
・バジルソース
バジル 10g
オリーブオイル 大さじ2
塩 少々
にんにく(好みで)小さじ3/1
※上記をブレンダーorミキサーで撹拌
・パスタ 100g
・塩・こしょう 適量
・モッツアレラチーズ 適量

--------------------------
作り方
☆下準備
・パスタを塩ゆでしておく
・そら豆はサヤから取って塩茹でしておく。

1) フライパンに、そら豆・トマト・モッツアレラチーズとジェノベーゼソースと茹で上がったパスタを入れて中火でよく絡め、塩こしょうで味を調える。

Image title

春野菜たっぷりの、美人ランチの出来上がり♪

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share