今さら人にはきけないメイクの基本は、「MAQUIA」11月号をチェックして完璧に! トレンドのナチュラル太眉を作る、自眉の整え方と、描き方のコツを、人気メイクアップアーティストの山本浩未さんに教わりました!Image title

メイクアップアーティスト

山本浩未さん

実用的で誰でもすぐに実践できるメイクテクニックや、気持ちが元気になるポジティブな美容理論が好評。


Q. 浩未さんの眉の整え方のコツは?

A. 切る毛、抜く毛を仕分けて!Image title

山本さん「眉のフォルムから、根元が出ている毛は抜いてOK。眉フォルムの中に根元があって、毛先が出ている毛はカットを。根元の位置で仕分けを」。


Q. ボーボー太眉。眉印象を弱める方法は?

A. 眉マスカラで色を弱めて

山本さん「濃く太い眉毛は、眉マスカラで色の印象をやわらげて。一方向でなく、眉マスカラを往復させて、眉の裏にも色づけするのを忘れないで!」


Q.浩未さんの基本の眉の描き方は?

A. パウダーでグラデと立体感をつくります

自然な眉は、一番濃い部分を目安に、そこに合わせて色や太さを整えていきます。

1.眉毛の量が多く、一番濃い中央部分から、眉山に向かって上のアウトラインを描く。

Image title

2.眉山から眉尻へ、アウトラインを描く。Image title

3.1と2のアウトラインと眉の下ラインを整える。Image title

4.最後にブラシに残ったパウダーを鼻すじになじませる。


【次ページをチェック】眉頭がわざとらしい・・・・・・ナチュラルに仕上げるコツは?≫≫

Q. 眉頭が濃くならないようにするには?

A. 最後に描くこと

山本さん「眉頭が濃いと、平坦でのっぺりした顔立ちに見えてしまいます。必ず、眉メイクの最後に、バランスを見ながらメイクしましょう」。


Q. 細眉をナチュラル眉に見せる方法は?

A. 最初に、薄茶で眉を太らせて!Image title

山本さん「アイブロウパレットの一番薄い色を太めブラシに取り、眉をなぞって眉のベースを太らせ、それから眉を描きます。細眉が自然な太さに」。


MAQUIA11月号

ヘア&メイク/山本浩未 撮影/青柳理都子(モデル) 加藤ゆき(物) スタイリスト/立石和代 モデル/林田岬優 石上智恵子(マキアビューティズ) 取材・文/松井美千代 構成・文/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


≪関連リンクはこちら≫

立体眉もセパレートまつ毛も思いのまま【プロが認めるスクリューブラシ5選】≫≫


エラ張り、一重まぶた、鼻のカタチなど【気になるお悩み、メイクで解決!】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share