マキアのきれいを紡ぎ出すトップヘアメイクアーティストが新作コスメを使って提案する、この秋いちばんのハッとするフェイスを「MAQUIA」11月号からお届け。今回は川添カユミさんイチオシの秋メイクの極意を伝授します!

Image title

川添カユミさんが、この秋ハッとする女とは…

Image title
「わかりやすく女性らしいメイクではなく、群れない潔さに惹かれます。わざとらしくなく、その人らしさに寄り添い、決してメイクが主役にならない仕上がりが理想です」と川添さん。「秋冬はファッションも重めになってくるので、少し強めな目元の方がバランスがいい。久々の囲み目で、周囲をハッとさせてみるのもおすすめです」

Image title

【次ページをチェック】鮮やかな柿色シャドウが目を引く、川添流・秋メイクのHOW TOをレクチャー≫≫

Image title

Image title主役となるカラーは、最初に入れると全体のバランスがとりやすい。まず1左上の柿色シャドウを、目頭からアイホール中央に向かって入れる。自然に真ん中で消えるようになじませて。次に残り半分のアイホールに、クリームシャドウの3を指でのせ、ツヤを与える。ここが女性らしさのカギに。上下の粘膜を2の赤茶ペンシルで囲み、4の茶色のマスカラを上まつ毛に一度塗りする。

Image title

1 茶とオレンジが混ざり合った、まさに柿のようなアイカラーは、今季のマストハブ。ひと塗りするだけでこなれ感も高まる、マットテクスチャー。デコレイティッド アイズ BIRDGARDEN ¥5200/エモダ コスメティクス 
2 くすんだレンガ色が目元に深みを与える。クレヨン コール 12 ¥3000/ランコム(限定品)

Image title

3 キッカ ニュアンスカラーリッド 03¥2800/カネボウ化粧品 

4 ル ヴォリューム ドゥ シャネル 80 ¥4200/シャネル

Image title

目元とつながりを持たせるため、眉毛も赤茶色に。毛流れを整えるように眉マスカラを塗り、スクリューブラシで自然に。

Image title

染めたような仕上がり。ファシオカラーラスティング アイブロウマスカラ BR300 ¥850/コーセーコスメニエンス(10/16発売)

Image title

人差し指と中指にクリームをとり、両方の指先にのばし、頬中心にトントンと薄くなじませる。ほんのり色づく程度でOK。

Image title

ナチュラルな陰影と血色を与えてくれる。ルナソル カラーリングクリーミィチークス EX01 ¥3500/カネボウ化粧品(限定品)

Image title

リップスティックのまま直接ラフに塗った後、指の腹で優しく押さえるようになじませ、塗った感のない仕上がりにする。

Image title

滑らかな塗り心地でしっとりと唇を染め上げる。シックなローズで秋モードに。バーバリー キス 89¥3700/バーバリー 化粧品

Image title

MAQUIA11月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/川添カユミ〈ilumini〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/野崎萌香 取材・文/森山和子 構成/伊藤かおり(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

こじはるの凛とした眼差しにドキッ!【濃紺シャドウラインが生み出すドラマチックアイ】≫≫


秋こそ、しっとりイイ女♡【色っぽロングヘア&アレンジ12】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share