「MAQUIA」5月号では、河北裕介さんが美人印象に導くためのメイクプロセスを紹介。顔立ちに合わせた色使いやテクニックを参考に!

4大アーティストが指南

素材活かしメイクって、こういうこと!

どんな顔立ちも、ブラウンと艶さえあれば。
地味顔も派手顔も。

印象コントロールの匠・河北裕介の美人印象メイク

「美しさは、雰囲気を含めて作られるもの。メイクはその手助けをしてるだけなんだよ」。そう話す、河北さん。そんな“美人な印象”に見せるメイクを、2つの軸で指南!

派手顔さんは艶の使い方で美人印象がアップ

艶で美人印象
「美人な印象を手に入れるには“艶”は絶対に欠かせない。まず、肌は艶があるだけで圧倒的なライブ感が生まれるし、メイクの重たさや濃さを打ち消す効果もある。まるでその人自身が輝いているような、美人な雰囲気を纏わせてくれるんだ。カラーをポイントにしつつも艶を味方につけて、全体の雰囲気を美人に持っていこう」
Yusuke Kawakita



for派手顔さん


 「“艶はメイクの濃さを打ち消す”とはいえ、派手顔さんが『艶も、カラーも!』と欲張ると、やはり少しトゥーマッチに。艶と赤リップの2点に絞ってフォーカスすることで、メイクの色ではなく、美人な雰囲気だけ手に入るんだ」



EYE
ベージュのツヤだけを主役に、潔さを
「目元に何も塗らないのは心細いけど、艶を足すだけで一気に立体感も華やかさもアップ。潔くマイナスすることに挑戦してみて」

ベージュシャドウのツヤだけで仕上げる

1 水分を抱えたようなアイシャドウのAをまぶた全体になじませ、明るい光と立体感を。2 ぼんやりしないように上まつ毛のキワにBで極細アイラインを引き、フレームを強調。

派手顔さんの艶アイメイク使用アイテム

A ほのかにピンクみを帯びたベージュが、肌まで美しく。オンブル プルミエール ラック 22 ¥3900/シャネル B 影のようになりすます黒リキッド。ケイト シェードブラックライナー BK ¥800(編集部調べ)/カネボウ化粧品



CHEEK
逆三角形に艶をのせて小顔効果も
「アイテムは地味顔さんと同じでOK。頬中央に逆三角形にのせると、艶だけじゃなくキュッと小顔効果も高まる」

チークは逆三角形にのせる

顔の内側の頬中央に逆三角形に艶をのせて、指で優しくポンポンとなじませる。

ボーム エサンシエル スカルプティング ¥ 5500/シャネル

生き生きとした艶を凝縮したかのような、スティックタイプ。ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5500/シャネル



LIP
唇はあえてのマットな赤リップで“止め”をつくる
「派手顔さんの場合、唇までツヤツヤだと品が失われがち。セミマットな赤リップで印象をまとめよう」

赤リップを全体に薄く塗る

赤リップを直塗りする。全体に厚ぼったくならないように薄く塗りつつ、輪郭は上下ともややオーバーに。

ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー 012 ¥1800(編集部調べ)/コーセー

リップだけでなく目、チークにもマルチに使える。ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー 012 ¥1800(編集部調べ)/コーセー




MAQUIA 5月号
撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/松本 愛 取材・文/森山和子 構成・文/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share