あなただけの輝き方、教えます。「MAQUIA」5月号では、人気アーティストが素材活かすメイクを披露。今回は、河北裕介さんが、“美人な印象”に魅せるメイクを提案!

4大アーティストが指南

素材活かしメイクって、こういうこと!

どんな顔立ちも、ブラウンと艶さえあれば。
地味顔も派手顔も。

印象コントロールの匠・河北裕介の美人印象メイク

「美しさは、雰囲気を含めて作られるもの。メイクはその手助けをしてるだけなんだよ」。そう話す、河北さん。そんな“美人な印象”に見せるメイクを、2つの軸で指南!

派手顔さんもブラウンメイクで美人印象へ

ブラウンで美人印象
「顔のメリハリは、美人印象を構成するひとつの鍵。日本人は欧米人に比べるとどうしても顔の作り方がフラットだから、いかに顔の“彫り”をコントロールして美人印象にするかが大事なんだ。ブラウンが持つチカラは、ナチュラルな影が生まれて“彫り”をつくれるということ。自分の顔を研究し、ブラウンを適材適所にちりばめれば、自分に“なじむ”美人印象が手に入る」
Yusuke Kawakita



for派手顔さん


「メイク感の出やすい派手顔さんの場合、赤みじゃなくて黄み系で軽やかに引き締めるテクニックが有効。オレンジやカーキでつくる明るいブラウンフェイスにまとめると抜け感も生まれるし、何より今っぽくて洗練された印象になる」



EYE
透けオレンジ×カーキで“くすまない”ブラウンアイに
「透けるオレンジをのせると、まぶたの影と混ざり合ってクリアなブラウンに見えるんだ。そこに、カーキで軽やかに引き締めるのが新ルールだよ」

透けオレンジとカーキでつくるブラウンアイ

1 シアーなオレンジシャドウAを指にとり、上まぶたに広めになじませる。素のくすみも活かして。2 下まぶたにも同様に、指先にAをとって全体になじませる。オレンジの明るい影をつけるイメージ。3 パレットB左下のカーキをブラシにとり、上まつ毛キワにのせて柔らかく締まるシャドウラインに。

派手顔さんのブラウンメイク使用アイテム

A 透けるオレンジのヴェールが◎。コフレドール 3Dトランスカラー アイ&フェイス OR-21 ¥1600(編集部調べ)/カネボウ化粧品 B ツヤを秘めたカーキで軽やかさをキープ。ヴィセ リシェ グロッシーリッチ アイズ N GR-7 ¥1200(編集部調べ)/コーセー



LIP
少しオレンジみのあるブラウンで統一感のある印象に
「メイクの色数を増やすと、美人印象じゃなくメイク印象が強まっちゃうことに。だから、リップもオレンジ系のブラウンでなるべくミニマルに」

輪郭を取るようにざっくりと塗り、カジュアルに仕上げて

クレヨンタイプのリップだから、そのまま輪郭を取るようにざっくりと塗り、カジュアルに仕上げて。

&be クレヨンリップ オレンジテラコッタ ¥2500/Clue(限定色)

立体感を強調する微細パールで、美人度増し。&be クレヨンリップ オレンジテラコッタ ¥2500/Clue(限定色)




MAQUIA 5月号
撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/松本 愛 取材・文/森山和子 構成・文/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share