「MAQUIA」4月号では、今季、大注目カラーであるイエローを使った大人に似合うメイク術をレクチャー。コンサバにならずに洒落た雰囲気を出せるメイク術は必見!

Image title

「大人はどう使えばいい?」にお答えします

春の本命イエロー&オレンジは、潜ます or 効かせるが正解!

今季、大注目カラーであるイエロー&オレンジ。一見、難易度高そうに見える2色だけど、実はかなり“使える”色!大人のバランス術を教えます。


Image title

くすみイエローは黒目下にポイント使い

ちょっぴりくすんだマスタードイエローは、黒目下にポイント使いしても、コンサバにならずに洒落た雰囲気。色のニュアンスを生かすため、肌や唇はマットではなく、ツヤで仕上げ、目元もクリームシャドウで柔らかな雰囲気に。


Image title

効かせYellow

THREE
ディメンショナル
ビジョンアイパレット 06

4つの質感や輝きを組み合わせたイエロー×赤みブラウンで柔らかい印象に。透け感を感じさせる色づきや質感は、春らしい気分を盛り上げてくれる。¥6500

Image title

- Point -

アイホールの下地としてクリーム質感のaを、その上に目尻側からふんわりbを重ねる。二重幅にはdを柔らかくぼかす。下まぶた全体にa+bを広げ、黒目下にcをポイント使い。下目尻1/3にはdを。


Image title

Cheek & Lip

【CHEEK】1Aを頬全体に。上から1Bを重ねる。1 ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 05 ¥4200/ジルスチュアート ビューティ 【LIP】唇全体に直塗り。柔らかなミルキーベージュ。2 ルージュ ヴォリュプテ ロックシャイン 1 ¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテ



MAQUIA 4月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵〈storm〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/森 絵梨佳  取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share