キレイも好感度も欲しい大人女子が目指すべきは、いつでもサラリと涼しげな、セミマット肌。「MAQUIA」7月号では、ベースメイクの仕上がりを格上げする簡単テクを公開中。見落としがちなポイントを丁寧に仕上げれば、メイクをした顔だけが浮かずに、素美肌を装えます。ファンデーションを塗り終えたら、もう一度鏡をチェックしてみて!


ヘア&メイクアップアーティスト

AYAさん

ナチュラルでいて、その人らしいキレイさとピュアな透明感を引き出すベースメイクテクに、モデルや編集者から熱烈な支持が!


フェイスラインが崩れると清潔感がガタ落ち

キレイな面で撫でてとにかく薄く!Image title

AYAさん「フェイスラインがムラになっていたり、生えギワが粉っぽくなっていると悲しいですよね。ココは塗るというより質感を整える程度に、極薄に仕立てましょう」。



引きで仕上がり具合を見て、キレイならOK!Image title

AYAさん「大きい鏡で引いて見たときに顔だけが浮かず、全体の色ムラが目立たず、透明感があればOKです。至近距離でないと見えないシミや毛穴は気にしないで」。



余分な粉はブラシで磨き上げて

自然なツヤの薄膜にImage title

AYAさん「このひと手間で、崩れにくさも透明感もグンとアップ! くるくると円を描きながら内→外へ顔全体を磨いて。力の入れすぎ、磨きすぎはファンデーションがムラになるので注意」。



先の毛がすいてあり柔らかな肌当たり。


シアーな肌感に仕上げる。スティプリング ブラシ ¥6600/M・A・CImage title


パウダーファンデーションの正しい使い方を身につけて、旬肌を手に入れましょう!


MAQUIA7月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 国府 泰(物) ヘア&メイク/AYA〈LA DONNA〉 スタイリスト/金山礼子 モデル/林田岬優 取材・文/松村有希子 企画/清田恵美子(MAQUIA)



【MAQUIA7月号☆絶賛発売中】
Image title


≪関連リンクはこちら≫


正しい塗り方で1日キレイ! 【私のパウダリーファンデーションは崩れません】≫≫


今っぽ美肌をつくる【高機能BB&CC】特集≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share