あなたのメイク欲もスキルもアガる! 「MAQUIA」9月号では、人気ヘア&メイク集団スリーピースの黒田啓蔵さん・KUBOKIさん・中山友恵さん・paku☆chanさんが読者のお悩みを解決!

Image title

『Three PEACE』とは?
雑誌やTV、広告、映画、アーティストなどのヘア&メイクを第一線で手掛け続けているトップアーティスト集団。その磨き抜かれた審美眼によって誰もが美しくなれると、女優やタレントなど、各界からのリピートが絶えない。
http://threepeace.co.jp/


Image title

(右)

印象操作の魔術師
黒田啓蔵さん


(左)

トレンドメイクの名手
中山友恵さん


Q 30歳を超えてもつけまやカラコンはあり?
A 大人が似合うものを選んで

(黒田啓蔵さん)

黒田 年齢とともにまぶたやまつ毛に元気がなくなってくるので、ナチュラルな範囲のカラコンやつけまなら自然な目ヂカラも生まれて、大人でも可愛く見えるんじゃないのかな。でも一瞬でバレるようなものはtoo muchな可能性が高いから要注意。

中山 なし! やっぱり自然なままのほうが個人的には断然抜け感があってオシャレに見えます。しかも雰囲気を作り込むのも簡単に。


Q パーソナルカラーが分からない……
A あくまで基準かな?

(中山友恵さん)

中山 パーソナルカラーで自分の色を分かったうえで、それに捉われず好きな色を楽しんで。そのほうが色遊びのバリエが増えますよ。

paku☆chan 似合う色は少なくともパーソナルカラーが潜在している色。そこにトレンドカラーをプラスすれば、今っぽい印象に仕上がります。でも好きな色にも挑戦して欲しい!というのが本音。使い続ければその色は自ずと似合ってくるから、まずは自分の目を慣らすことも大切ですよ。


Q メイクの引き算
ポイントが分からない……
A

黒田 まずはアイメイクやリップを抜いてみて。普段、きちんとメイクしているパーツから抜いてみると、簡単に抜け感が生まれますよ。

KUBOKI いつものメイクから何を抜いていいか分からない人は、例えばハイライトで影を飛ばしたり、眉マスカラで眉トーンを明るくするなど、あえてアイテムを足してみて。

中山 どこにポイントを置くか決めてから、それ以外は塗らない、もしくはいつもの半分の濃さなどにセーブしてみて。

paku☆chan パーツメイクでもっともメイク感が出るのがチーク。ベースメイク→眉→アイメイク→リップ→服→チークなどメイクの順番を変えて、チークの前にリップを塗るだけで、チークのやりすぎ感を抑えることができ、それだけで引き算メイクになりますよ。


Q 女優さんにメイクする時の
とっておきのおすすめアイテムや
テクニックは?
A

黒田 お疲れ肌にはエスティのシュープリーム プラス トータル クリームでお手入れ。メイクしやすい肌状態になり時短にも。仕上げはYSLのトップ シークレット セッティング グロウ スプレーをひと吹き。フィット感が増し崩れ防止! 

KUBOKI フローフシのSAISEIシートマスクの即効性がすごい! 長丁場の撮影にはアルビオンのホワイトニングパウダーを夜用ですがスキンケア発想なので肌負担なく、長時間キレイが持続。

中山 ソフィーナ ip 美活パワームースでむくみを改善しながら顔や首、肩、頭を10〜15分ほどしっかりとマッサージ。

paku☆chan ツヤ肌ならHRのリキッドライトを、より透明感が欲しいときはRMKのベーシックコントロールカラー N シルバーを使うなどハイライトを使い分け。



Image title

(左)

色っぽベースメイクの名人
KUBOKIさん

(右)

魅力増しの理論メイクの達人
paku☆chanさん


Q メイクを始める時に、
まずはどこを見ますか?
A 全体の雰囲気

(paku☆chanさん)

paku☆chan スタジオまで着てきた洋服を見ながらのトータルバランスをチェック。顔よりもその人が持っているオーラや好みを確認しておくとメイクイメージもしやすくなります。

KUBOKI 顔とパーツのスペース感や顔の面積に対してのパーツの大きさなどを見定めれば、瞬時に魅力引き出しポイントが見えるようになりますよ。


Q メイクマンネリを打破するには?
新しいリップを女子会で
チャレンジしてみては?

(KUBOKIさん)

KUBOKI メイクを新しくすることに慣れていないのは気持ちが負けているから! せっかくの女子会こそ1アイテムチェンジに挑戦。

黒田 同じアイテムを同じ手順でメイクしてもダメ。同じアイテムでも順番を変えたり、濃度を変えるだけでガラリと違う印象に見えてきますよ。

中山 定番のブラウンシャドウに飽きてしまったのなら、赤みを含んだブラウンを取り入れてみて。


Q 今の気分にマッチする
メイクの黄金比って?
A

黒田 正統派なバランスから少しはみ出すこと。それは個性にもなり、エッジィさにもつながります。全パーツをきちんと整えすぎてしまうと“美しさの集中力”がかえって散漫になってしまうことも。

KUBOKI 肌6:パーツ4のバランスが気分。男性目線から見ると街中の女性は肌3:パーツ7になっているから抜け感がないのかなと。

中山 私も肌6:パーツ4! 肌を生かしたナチュラルなメイクに仕上げるにはやっぱり肌作りが何よりも大切。どういう肌にするかでポイントメイクも決まってきます。

paku☆chan 例えば可愛らしい仕上がりがイメージなら、可愛い要素5:クールな要素3と相反する要素を組み合わせ、そこに抜け感としっかり作り込むパーツを1:1で。


Q 一般的にやりがちなNGメイクや
惜しいメイクって?
A

黒田 同じテンションで全パーツをメイクしていたり、まつ毛がバサバサだったり、なじませ方が足りないなどのパーツを丁寧に作り込んでいない人。ほんのひと手間、手を加えるだけで見違えますよ。

KUBOKI パーツメイクの頑張りすぎかな……。特にアイメイク。

中山 ベースメイクの厚塗りやパーリィすぎるアイメイクなど、全体が濃すぎるメイク。抜け感がなさすぎて、近づきにくい印象に。

paku☆chan 雑なメイク。どんなにフルメイクを施していても、手抜き感はバレます。ひとつひとつのプロセスを丁寧に行い、なじませる。それをやるのがちょっと億劫だったり、時間がない場合は、最初からそのパーツはメイクしない!って考えもありだと思います。


MAQUIA9月号

ヘア&メイク/黒田啓蔵、KUBOKI、中山友恵、paku☆chan〈Three PEACE〉 撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(黒田さん) 菊地泰久〈vale.〉(KUBOKIさん、中山さん) 岩谷優一〈vale.〉(paku☆chanさん) スタイリスト/後藤仁子 取材・文/佐藤 梓 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA9月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share