ツヤのあるリップが今季のトレンド。「MAQUIA」6月号から、ヘア&メイクアップアーティストの千吉良恵子さんが提案する5つの艶リップお作法を紹介します。


Image title

1点センシュアル、はじめました。

 夏のオトナの艶リップお作法  

今季はツヤのあるリップがトレンドに浮上。ただし、大人がつけこなすには多少のテクとセンスが必要に。大人ならではの色、質感、つけ方で、艶めく唇を手に入れて。


Image title

お話を伺ったのは

ヘア&メイクアップアーティスト 

千吉良恵子さん
まとう人も見る人も心が浮き立つ、ハッピーなメイクが大人気。抜けと攻めのポイントをついた、大人ならではのメイクを提案。


計算ずくのバランスで
品よく今ドキな口元が実現

「メイクの流行は肌から生まれる」というのが私の持論。今季はクッションコンパクト系のみずみずしい肌が中心なので、それに合う艶リップも人気です。ツヤ感のある唇は色っぽくて魅力的ですが、大人がそのまま使うと唇だけ浮いてしまうことも。  

 そこで鍵となるのが発色です。唇のくすみが目立たない、クリアで発色の良いものを選ぶこと。厚く塗るとだらしなく見える輪郭や口角はあくまで薄く。美しい光の帯が崩れるので唇をすり合わせず仕上げます。また、メイクの最初にリップを塗るのもポイント。唇とのバランスを見ながら目や頬を引き算することで、厚化粧感のない今ドキな仕上がりに。


リッチな輝きの
エナメルグロスで
艶リップを大人にまとう

エナメルのようにドラマチックな輝きを放つ濃厚グロスはパッと目を引く異素材感がグラマラスなムードを演出。質感にインパクトがある分、日本人の肌の色に合う黄みよりの発色をチョイスすることで使いやすさも上々に。クリアな目元を合わせた程よくヌケ感のあるメイクでとびきりフレッシュに仕上げるのが夏っぽさの決め手!

Image title

a 唇にピタッと密着してなめらかなツヤを演出。ディオール アディクト グロス 773 ¥3400/パルファン・クリスチャン・ディオール

Image title

b 果実のようにジューシーで軽やかなオイルルージュ。フォーエヴァージューシー オイルルージュ シアー 01 ¥2800/ジルスチュアート ビューティ

c うるおいの膜で唇を包むみずみずしい赤リップ。ルナソル シアーライトグロス 06 ¥2500/カネボウ化粧品

d チェリーレッドのツヤめきで生き生きとした唇に。シマリング リップジャム 17 ¥3000/THREE


【次のページをチェック!】まだまだ続く♪ 夏の艶リップのつづきはこちら♪》》

繊細な透け感を楽しむ
大人のつやめきローズ

定番の赤リップも春夏らしくアップデート。シアーなツヤ感をプラスして、軽やかに仕上げるのが目標です。イチオシはスモーキーなローズレッド。クリアな赤より親しみやすく、甘めのメイクとも好相性に。

Image title

a 肌トーンを選ばない万能なレッド。エスプリーク ルージュグラッセ RD400 ¥2300(編集部調べ)/コーセー


Image title

b つるんとうるおう口紅から、上品なピンクをセレクト。コフレドール プレミアムステイルージュ PK300 ¥2500(編集部調べ)/カネボウ化粧品 

c リップバームのようにうるおう逸品。肌の色がキレイに見える繊細なローズ。ルージュ ココ スティロ 216 ¥4000/シャネル 

d 落ち着きのあるローズで穏やかな色気を漂わせて。ルージュ・アンテルディ・テンプテーション 13 ¥4000/パルファム ジバンシイ



サテンのようにノーブルに輝く
甘く軽やかなオレンジベージュ

モードなイメージが強い辛口ベージュも、上品な血色とツヤが加わるとぐんと女らしい印象に。夏らしいオレンジ系のベージュを選びつつ、強めのアイメイクを合わせてメリハリをつけるのが、旬顔オーラを醸すコツ。

Image title

a こっくりしたツヤが華やぎを添える絶品カラー。オイル インフューズド リップ カラー 11 ¥4000/ボビイ ブラウン  

b なめらかタッチが◎。リップライナー デュオ 01 ¥2500/ポール &ジョー ボーテ 


Image title

c 赤みを加えたマイルドなベージュは使いやすさNo.1。ヴィセ リシェ カラーポリッシュ リップスティック OR220 ¥1500(編集部調べ)/コーセー 

d 透明感のあるベージュの発色が新鮮。リップスティック L 001 ¥2000、同 ケース A 001 ¥1000/ポール &ジョー ボーテ 

e 気軽に塗れるシアーな色付き。RMK リップケア カラーUVスティック SPF16・PA+ 03 ¥2800/RMK Division



みずみずしいうす艶を纏った
ベリーな唇でカジュアルに

リラックスしたい気分の時にピッタリなのが水のヴェールを纏ったようなライトなツヤ。すっぴんにも合うカジュアル感を堪能しつつも、ジューシーな発色&持ちのいいものを選んで程よくメイク感も出すのがオトナの嗜み。

Image title

a スクラブ&リップがセットに。余分な角質を落とすことでツヤがキレイにのり、色持ちもグンとアップ。スウィート ポット 05 ¥3200/クリニーク(限定品) 

b つややかなミツロウ入りのバームリップ。クッション型のアプリケーターでのせることでしっかりと発色。クッション・キス・グロス 2 ¥3100/パルファム ジバンシイ

c 内側から滲むように発色するオイルルージュは、キャッチーなクリアレッドがオススメ。ヴォリュプテ ティントインオイル 15 ¥3800/イヴ・サンローラン・ボーテ 

d オイルとカラーの二層式になっており、シャカシャカと振って使う斬新な1本。さらりとしたツヤ&鮮やかなベリー系の発色の絶妙なバランスで、デイリーに活躍すること確実。ジューシー シェイカー 372 ¥3000/ランコム



うるツヤな洗練ピンクで
クリーンな色気を手に入れる

好感度が高くお洒落さもある白ピンクは、きちんと見せたい場面で重宝するカラー。ただし、元の唇よりも色が薄くなるのでアクセントをつける必要が。中央に重ね塗りをして、ツヤ感を強調するのをお忘れなく。

Image title

a 透明感のある艶めきで、こっくりした色みに軽やかさをプラス。シマリング リップジャム 18 ¥3000/THREE 

b 繊細な輝きとフェミニンな発色で唇を魅力的に。資生堂 ラッカーグロス PK304 ¥3000/資生堂インターナショナル 

c 唇をふっくら整える保湿力が◎。肌なじみも良好。オーブ クチュール 美容液ルージュ PK201 ¥3200/花王ソフィーナ 

d 大人の甘さがある発色と上質なツヤが好印象。クリニーク ポップ ラッカー 05 ¥3200/クリニーク


唇の地色に自信がない人は仕込みリップを

Image title

唇の色が薄い人はベース使いで色足しを。

(右)自然に色づくナチュラルな青ピンク。キッカ メスメリック リップラインスティック 05 ¥2800/カネボウ化粧品 

(左)唇のpHに反応し発色。ルージュ・アンテルディ・テンプテーション 16 ¥4000/パルファム ジバンシイ


MAQUIA6月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/森 絵梨佳 取材・文/真島絵麻里 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share