「MAQUIA」5月号の『キラめき艶パウダー』特集から、入山杏奈ちゃんのような立体艶顔になるためのパウダー活用術と、美容のプロおすすめのキラ艶パウダーアイテム6つを紹介します。

Image title


ヘア&メイクアップアーティスト

高橋里帆さんが指南!

大人の“可愛い”と“キレイ”を同時に引き出すナチュラルメイクが大好評。明るいキャラも人気の理由。


パール入りで仕込むのは、

艶と立体感なんです!

「今のメイクはキレイめがトレンドで、立体感のある艶で上品な印象に見えるベースメイクがマッチします。そこでぜひ取り入れたいのが“艶パウダー”。広く面でのせずに、ポイントで効かせることでよりメリハリがつき、仕上がりもナチュラルに。ポイントメイクにも艶を添えてリンクさせると、作り込み感がなくなって“もとから艶のある人”を装えますよ」(高橋さん)


この5ヶ所において

立体艶顔に!


Cゾーン

日本人の骨格はCゾーンが凹んでいることが多いそう。ここに光を集めれば、ミランダ・カーのようなキュッと丸みのある小顔に。

Image title



目の下 三角ゾーン

“肌がキレイな人”の決め手となるのがここ。艶パウダーをふわりとのせ、毛穴やキメを目立たなくしながらクリアな艶を巡らせて。

Image title



口周り

下唇のアウトラインと上唇の両サイドのラインを、ブラシでなぞるようにON。口角がキュッと上がったハッピーな印象のリップに!

Image title



鼻の先 

鼻筋にのせがちだけど、鼻が大きく見えてしまうので×! 先の部分だけにのせれば、ちゅんっと可愛く尖った外国人のような鼻に。

Image title



眉毛 

眉毛にも艶を添えると、ふんわり軽い印象になり、肌とのなじみもよく。少量をなでるようにのせれば粉っぽくならないので安心して。

Image title


【次のページをチェック】6つのおすすめキラめき艶パウダーはこちら>>>

みずみずしい艶と
透明感を宿すしっとりパウダー

Image title

パルファム ジバンシイ

プードル・グロウ

No.00

しっとりまろやかな質感で、ひとはけで潤いを抱えたようなグロウな肌に。タルクフリー処方で肌に負担をかけず、見た目にも軽やかな抜け感が叶う。¥7000(5月1日限定発売)



サラリと心地よく広がる
柔らかピンクのヴェール

Image title

パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオールスノー トランスペアレンシー

ブライトニング ルース パウダー

ほのかに光を帯びた淡いピンク色の極軽フェイスパウダー。皮脂やテカリをしっかり抑えて、柔らかなバラ色の艶を発光する。¥6500



ジルだけのピンク
でピュアな透明感を手に入れる♡

Image title

ジルスチュアート

クリスタルルーセント

フェイスパウダー 03

白の光とジル独特のピンクニュアンスのパウダーを効かせ、ほわっと発光。SPF20/PA++ ¥5000/ジルスチュアート ビューティ(限定品)



流れるようにキラめく
光は先端技術の賜物

Image title

クレ・ド・ポー ボーテ

レオスールデクラ 15

純度の高いキラめきはジュエリー級! 淡いコーラルのニュアンスを帯びた光を纏わせるイメージで、優しく上気したような艶美肌が完成。¥8000/資生堂インターナショナル



肌も顔立ちも
なりたい印象にコントロール!

Image title

ルナソル

モデリング コントロール

パウダー 00

涼しげなブルーと柔らかなイエロー、明るいホワイトベージュの3色をセットし、透明感溢れる肌と凜とした表情を誘引。皮脂抑制効果もバッチリ。¥5500(ケース、ブラシ込み)/カネボウ化粧品


MAQUIA5月号

撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 魚地武大(物)ヘア&メイク/高橋里帆〈Three Peace〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/入山杏奈(AKB48) 取材・文/松村有希子 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share