「MAQUIA」3月号では、千吉良恵子さんが人気ブランドの新作パレットで作る春メイクを提案! 今回はシャネルのアイパレットを使った、ノーブルな雰囲気が漂うアイメイクをお届け。

Image title

 千吉良恵子さんが提案   

春Look  by KEIKO CHIGIRA
光を操り端正な雰囲気
ノーブルベージュの眼差し

まぶたの丸みに沿って、シアーなシャドウを2色重ねることで、くすみをカバーしながら、光を反射して、華やかさと立体感がグッと際立つ仕上がりに。さらに目頭をほんのりと強くすれば、吸引力のある目元も叶う。バラ色のチークは目元と唇のつなぎ役として投入。

シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_1

CHANEL

シャネル
レ キャトル
オンブル 314

シャネルの名品レ キャトル オンブルに、肌になじみながらも上品な輝きを発揮するベージュ系パレットが仲間入り。モードにも、フェミニンにも。¥6900/シャネル

シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_2

[OTHER ITEMS]

1 肌の透明感を引き立てるローズ。パウダーなのにツヤっぽい仕上がりに。コンスピキュアス チークス 05 ¥6800/アンプリチュード(1/23発売)

シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_3

2 セミマットな青みピンクで美人度UP。B.A カラーズ リップスティック MG ¥6000/ポーラ(3/1発売)

シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_4

EYE アイホール広めにチップでAをON。その上からまぶたの丸みを意識してBを重ねる。二重幅にチップでCをのせ、目頭はやや濃く塗り、茶のペンシルで極細ラインを描く。下まぶたの目尻1/2にチップでCをプラスし、その上からBを重ね、目頭にはDを。黒マスカラを上下に塗布。

CHEEK 頬骨の高い位置を始点として1でハート形を描く。

LIP 2をブラシに取り、唇山を丸く縁どりながら、オーバーリップに仕上げて女っぽさをプラス。

シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_5
シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_6
シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_7
シャネルの名品パレットでノーブルな眼差しに! 千吉良恵子さんが教える春の顔_1_8


MAQUIA3月号 

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/千吉良恵子 〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/佐藤 梓 構成/若菜遊子(MAQUIA)

 

【MAQUIA3月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share