在宅勤務でこわばるのは、首や肩だけにあらず! じつはお尻も圧迫され続けることで、意外とこっているんです。お尻の深い場所にある「梨状筋(りじょうきん)」をほぐして、下半身の血流アップとやわらかヒップを目指しましょう。

肩コリがひどいとお尻まで硬くなる!?

坐骨の近くにある梨状筋がこわばると、神経が圧迫されて腰痛や坐骨神経痛の原因になるのだそう。「肩コリがひどすぎると、腰の痛みに気づきにくいのでお尻もガチガチになっているはず」(山口さん)。足先の強い冷えやしびれが表れたら放置しすぎのサイン。そうなる前にしっかりほぐす習慣を。

教えてくれたのは
山口絵里加さん

「美コア」トレーニングメソッド考案者/パーソナルトレーナー/フィットネスインストラクター

山口絵里加さん

運動・食事・睡眠の質や姿勢も含めた生活習慣を整え、酸素運動と筋トレで体幹(コア)を鍛えながら体温上昇と代謝アップを目指すオリジナルメソッド「美コア」を考案。東京・麻布十番で、美コア東京スタジオを主宰。筋肉を大きくせずに細く引き締まった身体を作る「セレブボディの仕掛け人」として注目される。登録者数14万人を超えるYouTuberでもある。

・「美コア」YouTubeチャンネル    ・公式インスタグラム@erika_yamaguchi   ・美コア東京スタジオHP

わずか1分で梨状筋をほぐす! 尻コリ改善ストレッチ

POINT


・所要時間は1分!
・1セットでOK
・こわばったお尻の梨状筋をほぐす
・腰痛や坐骨神経痛の改善にも
・足先の冷えがある人は要注意

1.まずは、梨状筋のこわばりをチェック。高めの椅子やテーブルに右足をのせ、そのまま前屈。のせるだけで痛みを感じたり、足先がビリビリする人は梨状筋がガチガチになっている証拠!

2.両足を伸ばして座る。右ひざを立て、左ももの外側へクロスさせる。左足は内側に曲げ、ひざの位置をできるだけ体の中央に近づける。両手で右足を抱えたら、背中を丸めながら前傾して30秒キープ。足を組み替えて同様に行う。

梨状筋がほぐれてきたら、ストレッチの最終目標はこの姿勢。体の中央で両膝をクロスさせ、前屈して30秒キープ。左右の足を入れ替えて1セットずつ行う。

取材・文/国分美由紀 イラスト/齋藤よしこ 監修/山口絵里加 企画/佐藤 陽(MAQUIA ONLINE)

share