「MAQUIA」8月号では、2020年上半期のベストコスメを発表。美容のプロたちが太鼓判を押した、ベスト・オブ・ベスト大賞はこちら!

私たちに元気を与えてくれた
MAQUIA2020上半期
Happy溢れる❤ベストコスメ

ベスト·オブ·ベスト大賞 -2020上半期-

家で過ごす時間に、自分の肌を慈しむ喜びを再認識した人も多かったに違いない今年上半期。数々のスキンケアコスメからベストに選ばれたのは、日々キレイを積み重ねていける化粧水。


ランコム
クラリフィック
デュアル エッセンス ローション

150ml ¥11000
1352点
選んだのは… 安倍 AYA 石井 伊藤 犬木 鵜飼 岡野 岡部 岡本 長田 小田 織田 風間 柏谷 加藤 河北 神崎 木下 KUBOKI 倉田 黒田 小林 齋藤 George 清田 平 貴子 髙橋美智子 高橋里帆 高見沢 巽 谷口 千吉良 靏田 轟木 長井 中島 中野 中山 野毛 野崎 萩原 paku☆chan 林 火箱 藤井 藤原 前野 松井 松本 摩文仁 水井 山崎 山下 山本 吉田昌佐美 吉田百合 弓気田 若菜 

酵素サイエンスを極めて
幸福すぎる透明肌へ

誰もが熱望する一点の曇りもない「透明感あふれる肌」へのアプローチのカギを、先進の酵素サイエンスに求め、30年にわたる研究の成果をもっともベーシックな「化粧水」に注ぎ込んで、見事今期のコスメの頂点に。酵素と肌の潤い、排出、再生、色素沈着との関わりを見つめ、肌を最適な状態に整えることで、新次元の透明肌へ。みずみずしい浸透感も、使う喜びで満たしてくれる。

「処方、感触、効果、ビジュアル。
どこを取っても魅力度満点のスーパーローション」
齋藤 薫さん

「化粧水でドラマチックに肌が変わる感動。
10年後も名品と言われる存在になるだろう」
平 輝乃さん

「圧倒的な透明肌。湧き出るハリ、ツヤ、発光感。
完璧に美しい肌 、育ちます」
神崎 恵さん

記事が続きます

未知に挑んだ化粧水は、くしくも時代の申し子に
長らく続いた自粛生活で、断捨離に励んだ人は多かった。自分にとって「本当に必要なモノ」がクリアになった2020年上半期に、ベスト・オブ・ベストに輝いたことは、例年にも増して意義深い。
この化粧水のオペレーションシステムは、まったくの新ジャンル。「肌酵素」を動かす、というアプローチだ。長年この仕事をしているが、肌には「もともと」酵素が存在していて、美肌のカギを握っていることを知り得なかった。先進の科学で、「肌酵素」の真実を解き明かしたランコム。肌の生まれ変わりという、透明美肌のためにもっとも大事な歯車を、スムーズに動かすことに成功した。
マイクロバブルの寄り添うような浸透感、透明美肌へとグイグイ引っ張ってくれる効果感は、先の見えない自粛生活の中で、肌はもちろんココロの支えに。これからを歩む、新たな相棒を得たと思った。私達の生活も、世の中の仕組みも切り変わろうとしている今。新しい価値を持つ“クラリフィック デュアル エッセンス ローション”が誕生したのは、運命のめぐりあわせとしかいいようがない。

ランコム クラリフィック  デュアル エッセンス ローション

ここがスゴイ!①
特許を取得した特別で美しいウィスク
エキスを抽出するブナの芽からインスパイアされたデザインのウィスクは特許を取得。二層を撹拌し肌への効果を最大限に引き出す。

ここがスゴイ!②
シャンパンのような泡がグングン浸透!
エッセンスとエッセンシャルオイルを97: 3の黄金比で配合。シェイクするとできる繊細なマイクロバブルが素早く浸透、肌に透明感を。


ここがスゴイ!③
SDGsを体現する成分やパッケージ
ブナの芽エキスは木の成長や自然なバランスに配慮して採取。パッケージはサステナブルで社会に有益であるとするFSC認証を取得。


MAQUIA 8月号
撮影/藤本憲一郎〈A.K.A.〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉(物) 文/巽 香 髙橋美智子 関本陽子 藤井優美〈dis-moi〉 風間裕美子 谷口絵美 構成/髙橋美智子、横山由佳(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA2020年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share