〔PR〕こんにちは♡ Shioriです!


働きウーマンの皆様。

疲れ溜まってないですか?


そんな日ごろの疲れを癒やし、ゆったり至極の時間を過ごしてまいりました。

コンセプトは

「東京の現代を休む」


旅のお供はこの人

14年来の親友 マキアアンバサダーAyako

Image title

何処に泊まってみたい?と聞くと

『星野リゾート』と答える方も多い、憧れのお宿。


『星野リゾート』は展開するブランドラインが3つあります。

1.星のや(国内5ヵ所、海外1ヶ所)

最も上質な空間を感じられるラグジュアリーホテル。

圧倒的非日常感に包まれます。


2.界(全国14ヶ所)

地域の魅力を再発見できる、上質な温泉旅館。

現代に適した空間の中で、和のおもてなしを存分に受けることができます。


3.リゾナーレ(全国3ヶ所)

お子様連れでも気軽に行くことができる、西洋型のリゾート。

スタイリッシュな空間で、大自然を満喫できるアクティビティが沢山あります。


高級別荘地の軽井沢に大正3年に星野温泉旅館として始まり、2005年に「星のや」として一新。

そんな103年もの歴史を持つ、星野リゾートの創業地である

『星のや軽井沢』

レポを存分に書きたいと思います。(2人で総写真枚数1000枚超え!!)



新幹線で東京から1時間10分!あっと言う間に到着です。

車だと高速道路に乗って2時間、空いていれば車でも都心から2時間半くらいで到着することが出来ます。

軽井沢駅からは無料のシャトルバスが出ています。タクシーで10分ほど行くと到着!

Image title

入口はとってもシンプルです

レセプションに到着すると生演奏で出迎えてくれます。

ウェルカムドリンクを頂きながらチェックイン。
Image title

自家用車で来た場合、このレセプションに駐車して専用車に乗り換えます。

なぜ?

専用車に乗り換えることで、日常から非日常へのスイッチを切り替えるんです。

Image title

滞在期間中、星のや軽井沢の敷地内だけであれば車を呼ぶほどの距離ではないのですが、

「星野エリア」といわれるもっと広い範囲を移動する場合は専用車を使うと便利。

各フロントで予約を入れると

目的地まで送迎してくれます。



軽井沢星野エリアとは

星のや軽井沢の周りに広がるカフェや雑貨屋さんなどが並ぶハルニレテラスや、

星野温泉 トンボの湯、軽井沢ホテルブレストンコートなど、

総敷地は約28万坪!



入口に到着

Image title

お部屋に向かいます。

Image title

まるで一軒一軒が別荘みたいですね。

星のや軽井沢には3種類のお部屋(全77室)があります。

・庭路地の部屋
その名の通り、庭付きのお部屋でいちばん広いタイプです。
家族連れの方やペット連れの方(1室のみ)も宿泊OK

・山路地の部屋
山の斜面に沿って建っており、四季折々の自然を感じられて
周りからの視線も気にならない
いちばんおこもり感がある部屋になります。

・水波の部屋

星のや軽井沢を代表する、
水辺の庭園の周りに位置するお部屋です。


今回宿泊するお部屋は水波の部屋229号室

建物ごとにシンボルがあります。

Image title

私たちの建物シンボルはこれ。

鍵にも同じシンボルが付いています。

Image title

次のページではお部屋の中をご紹介♡

お部屋で出来るスパワークショップ。自分に合わせた効能や香りのオリジナルボディスクラブを制作。

星のやスパでは一棟完全個室でのスパトリートメントを。「桑美人滞在」では、桑の葉を使ったプログラムが体験できます。

朝、新緑の中にひっそりと佇む茶屋ではのびのび深呼吸で体の芯から目覚めます。

◆ベッドルーム

ツインのベッドは広々。

マットの弾力性など寝心地の良さは抜群です!

上掛けの羽根布団や上質なコットンのリネンもとっても快適。


環境に配慮し、天然のエアコン「風楼」や地熱を使った床暖房など自然を効率的に利用されています。

(この日は最高温度22度、最低温度9度となかなか夜は冷えたため、床暖がついていました)

Image title


◆リビング

掘りごたつ式になっています。
テレビや時計など現実を感じるものは敢えて排除してあり、
ゴンチチのBGMでゆっくりとした非日常を味わいました。

Image title


◆テラス

水波の部屋だからこそみられるこの眺望。

Image title

お部屋からはこんな景色が楽しめます。

ゆっくり本を読んだり、お酒を楽しんだり…

ずーっとここで過ごしたい…


◆お部屋風呂

星のや軽井沢には岩露天風呂を備える星野温泉 トンボの湯や、
温泉を使うスパ施設メディテイションバスなど
充実しているのですが、お部屋にもお風呂が付いています。

Image title

ヒノキのいい香り♡


◆洗面所

お部屋の水道は浅間山麓水系の伏流水で飲用水です。

星のや軽井沢で過ごす「非日常」な至極のひと時 | MIGO

Image title

基本的なアメニティは石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、ブラシ、コットン、綿棒、ドライヤー、スキンケアセットがついています。

Image title

スキンケアアイテムはリーリオ基礎ライン5点のパウチセット(フルラインを2回分)

水溶性スキンケアで肌に優しく使いやすいです。


石鹸は星のやオリジナル

・レモングラスガーデニア 

・オリーブ スクワラン

の2種類。これだけでもお土産になりそう♡

Image title


今回私たちは6月20日~スタートした、星のや軽井沢の敷地内に沢山自生している桑の魅力を再発見するディスティネーションスパプログラムで星のや軽井沢に滞在しました。

その名も『桑美人滞在』

桑の木は7月になると実がなり、葉の部分はお茶にしたりスパに使ったり出来るのです。


先ほどのお部屋風呂のそばにも桑美人滞在プラン限定のオプションアメニティがあります。

Image title

・桑の葉

・まゆだまピーリング

・桑の葉せっけん

Image title

・桑の葉のバスティーバック

・花蜜恋の薬用入浴剤(→基本アメニティ)


お部屋への到着時も桑を楽しめるおもてなし

Image title

桑の葉のマドレーヌとほうじ茶と桑の葉を混ぜた
生地のフィナンシェと一緒に、桑の葉茶を頂くことができます。
桑の葉茶の清々しい香りが心を落ち着け、
これからの滞在に更に期待度UP♡


ゆっくりしたら、『桑美人滞在』のメイン
イベントのひとつ、スパへ行ってまいります!

やってきました!『星のやスパ』

Image title

宿泊者専用の温泉
「メディテイションバス」横のスペースでで受付をします。

Image title

まずはコンサルテーションシートに記入。
通常はここでカウンセリングを受け、どのようなコースにするか相談できます。

Image title

Image title


私たちは『桑美人滞在』のスパプログラムで滞在しているので、
桑の葉を使った特別なトリートメントが用意されていました。

スパを施術していただく場所は1組ずつ1棟貸し切り!

Image title

この手前側4棟がスパの貸し切り施設になります。

Image title

1棟1棟が完全プライベート

お部屋に入るとまず目に飛び込んでくるのがテラス。

Image title

着替えをしたら、足を温めながら
カウンセリング。

Image title

桑の葉ともち米粉、ドクダミを配合した
温めた桑玉を使います。

Image title

使用するオイルはビタミンを豊富に含んでいてお肌の保湿作用を高めてくれます。

Image title

オイルの種類(基本コースの場合)

・樹木を合わせたオイルで森林浴が出来るような
イメージの香りのオイル

・お花をイメージしたオイルでローズやゼラニウム、パルマローザなどを配合

・暖かな太陽をイメージしてみかん、しょうが、白檀 を配合したオイル


それぞれのコースで違うオイルを使います。


私たちは桑の葉を使ったコースなので、
米ぬかのオイル(ライスオイル)を使用。

Image title

桑の葉は漢方で「桑葉(そうよう)」といって

・むくみをとる

・下痢や腹痛を治す

中性脂肪値、コレステロールを下げる

・肌をきれいにする などのはたらきがあるとされているのだそうです。


まずは足のトリートメントから。

Image title

足先までしっかり桑玉でほぐしていきます。

乾燥させた桑の葉が入った桑玉を
体に当てながらトリートメントを行うことで、
筋肉を緩めて保湿してくれるそうです。

Image title

その後、私は日ごろデジタルで疲れ切っている背中と肩を中心に施術をしていただきました。

Image title

Ayakoは顔とデコルテ中心にトリートメント。

Image title

小鳥のさえずりを聞きながら確実に
『現代を休む日』を遂行中。(↑絶対寝てる)

Image title

約80分じっくり施術をしていただいて、
最後はストーンでお腹から温めて終了♡

Image title

このストーンが実に温かくて気持ちいいのです。

施術後はテラスで食物繊維が豊富で腸内環境を整えるお茶を頂いて、ゆっくりします。

Image title

凝りがほぐされて解毒。肌もすべすべになって、ついつい長居をしてしまいます。

Image title

どれくらい身軽になったのか?

スパからの帰り道の浮かれ具合をご覧ください



『桑美人滞在』滞在時オプションプログラム

料金:45,000円/1名(税、サービス10%別)※宿泊費別

定員:1日1組2名まで(最少遂行人数1名)

対象:星のや軽井沢宿泊者限定

内容:桑スパトリートメント(80分/1回)、桑スイーツ作り(60分/1回)、桑のウェルカムスイーツ&茶(1回)、桑ワインとつまみ(2回)桑のバスセット(1回)

予約:7日前24時まで


スパで贅沢な時間を過ごした後はお部屋でスパワークショップ♡→次のページへ

肌の露出が多くなる季節に、最適のワークショップ。

『絹肌仕込』

好みの塩を選び、オリジナルスクラブを
作ることが出来ます。

Image title

今回作るのはソルトスクラブ。

オイルはライスジャームオイルを使用。

米ぬかから排出したオイルで浸透力が高く、肌に活力を与え保水力を高めてくれます。


選べるお塩は3種類(手前から)

 バランスの良いノーマルタイプ

ピンク 84種類ものミネラルを含む、
デトックス効果
(水素、カリウム、マグネシウム、銅、リン、鉄など)

 地底の海水が熱で加熱され、
塩分が結晶化したもの

Image title

自分の選んだお塩を器に移したら、

Image title

オイルを注いでいきます。

Image title

私はミネラルたっぷりのピンクソルトをチョイス。
Ayakoは黒のソルトで制作。

Image title

しっかり混ぜます。

Image title

約3回分のスクラブです。
好みの香りづけをします。

Image title

試しに、水に濡らした手で使ってみると、

Image title

見事スクラブでマッサージをした方の手が
トーンアップ。(↓写真/右手)

Image title

スクラブを行った後は保湿を忘れずに。

Image title

星のや軽井沢オリジナル 華密恋のスキンバームで
たっぷり保湿。
完成したのがコチラ。

Image title

約1ヶ月使うことが出来ます。


ワークショップ『絹肌仕込』

対象:15歳以上

料金:2,300円(税、サービス別)


お部屋に戻ると、『桑美人滞在』プランの
桑の実ワインが届きました。

おつまみには4種のチーズと桑の実。

Image title

夕暮れ時のテラスでうっとり♡

Image title

少し暗くなって雰囲気がより増したホテル内を散策してみます。→次のページへ

夕暮れどきの星のや軽井沢は
雰囲気がぐっと変わります。

Image title

橋も風情があります。

Image title

お食事を頂くメインダイニングの横は、

棚田になっています。

Image title

『集いの館』と呼ばれる建物の中を紹介しますね。

◆フロント

天井が高く、照明に見惚れるフロント。

”ほのかな明かりの中に美しさを感じる”という日本人の心を落ち着かせるための照明配置なのだそう。

Image title


◆ウェイティングラウンジ

お食事を待っている間や、
少し一休み出来るスペースも素敵。

Image title


◆メインダイニング『日本料理 嘉助』

朝食と夕食はこちらで頂きます。
ここで食べる人はそこまで多くなくルームサービスや
星野エリア内のハルニレテラスで
購入したお惣菜やおつまみ、お酒でお部屋で
ゆっくりする方も多いそうです。

また、「星野エリア」にある
村民食堂では定食や一品料理、
軽井沢ホテルブレストンコートではフレンチを
頂くことが出来ます。

Image title


◆ライブラリーラウンジ

お部屋には新聞や書籍類を
あえておいていないため、こちらに完備。

Image title

メインダイニングの吹き抜け上階に位置する
ライブラリーラウンジは、
お茶もコーヒーも自由にいただくことが出来ます。

Image title

時間帯によって変わりますが、日本酒や梅酒、
スパークリングワインなどと一緒に
おつまみやお菓子を頂くことが可能!

Image title

ここでも桑の葉茶を発見。

Image title


ショップ

ダイニングで頂くお食事にも使われているこだわりの調味料や、お部屋にある星のや軽井沢オリジナルのアメニティなども購入することが出来ますよ。

お部屋からちょっとお出かけする際の羽織物が、
着心地が良すぎてお客様の要望で
商品化されたものもあるんですって。

Image title


次のページでは、信州の旬の食材をもとに創った夕食について詳しくレポ♡

日本料理『嘉助』で頂く夕食。

山の食材と豊かな清流に育まれた川の食材をふんだんに使った『山の懐石』を頂きます。


【先付】
朝露の野菜
夏の畑の畑をイメージして創られたものだそうです。
こうじいらず大豆
( 麹を使わなくても
味噌ができるといわれるくらい甘みの強い大豆)

パプリカ、スナップエンドウ、黄身酢のソース、
トマトのお水のスープ、お花も頂けます。
Image title
【煮物椀】
水茄子と鯉
信州ではとってもメジャーなお魚の鯉。
清流の中で育っているので身がしまっています。
にず、ハタケシメジ(キノコ)、山菜
食感の違いを楽しめて美味。

Image title

【お造り】
朴葉の葉に乗った海と山の魚

山・・・信濃雪鱒
海・・・鮪、鯛

コリンキー、はすいも、信州産のたまり醤油で頂きます。
Image title

【強肴】
Image title

信州の郷土料理「おやき」で包まれた謎の塊

ここからどう頂くのかは動画でご覧ください

中から出てきたのは、玉ねぎのロースト。

藻塩と和風バターで頂きます。

摘んだそのままで出荷された新玉ねぎを
オーブンで2時間ロースト。
下味は付いていないのに、
びっくりするほど甘いのです。
お野菜の卵をイメージされたそうですよ!

夏はカブのあっと驚く料理になるそうですよ。
Image title

【八寸】

・シナノユキマス焼き目寿司
・水玉枝豆
・新丸十レモン煮
・花マスカット
・ホオズキたまご
・沢ガニ唐揚げ
・杭牛蒡揚げ
・キャベツ豆腐
Image title

川床のイメージで作られたものです。
ホオズキたまごはほおずきの実に見せかけた黄身を味噌漬けにしてあります。

Image title

沢ガニは厨房から逃げ出しちゃうことも
あるくらい新鮮 。

Image title


【焼き物】

牛サーロイン肉 炭火焼

Image title

葉に包まれて出てきます。

Image title

お好みでりんごソースをかけて。

口の中でとろける絶品♡


【お酒】

お食事に合わせたマリアージュや、ノンアルコールのモクテルのマリアージュまであります。

Image title

【蒸し物】

蓮蒸し
レンコンあんかけ、きくらげ、とうもろこしなどの夏の野菜、おくら、三つ葉、生姜
Image title
【食事】

鰻ごはん 六味(大葉、ごま、のり、山椒、麻の実、山葵)

Image title

Image title

ひつまぶし風にしていただきました。

Image title


【デザート】

黒文字(つまようじの木)のアイス
たかきび、メロン、びわ、さくらんぼ、ニセアカシア (蜂蜜などに使われるため香り高い)

Image title

【甘味】

やまぼうし、新茶の茶葉の抹茶のおまんじゅう

Image title

絶品なのは当たり前のこと、星のや軽井沢の思いが
感じられるお食事で会話も弾み
気づいたら3時間程経っていました。

料理長 稲家さんと一緒に。

Image title

手に持っている星のやうちわは一人一つお土産に。


夕食『山の懐石』
場所:集いの館、日本料理 嘉助
時間:17:00 - 21:00
料金:12,000円~(お酒、税・サービス料10%別)


お食事が終ったらBarへ→次のページへ

フロントから歩いて1分ほどのところにあるケラ池。
そのほとりに『森のほとりBAR』があります。

暗くて木が浮いているように見えますが、
昼間に撮るとこんな感じ。

Image title

冬はスケートリンクに変わるそう。


森のほとりBARに、7月1日から3種類の
夏オリジナルカクテルが登場しました。

・わさびを使ったジントニック

ワサビの生産量日本一 、長野県。
オリジナルのわさびジンを使ったさわやかなカクテル

・山椒香る森のモヒート

モヒートの中に実山椒を入れたスパイシーなカクテル

・青柚子を使った
夏の柚子カクテル

華やかな香りと酸味が絶妙なバランスのカクテル


私は山椒、Ayakoは柚子のカクテルを頂きました。

Image title

カクテルと一緒に頂くおつまみは、
自分で薪ストーブで焼きます。

Image title

ここのケラ池では昼間はピッキオで
『野鳥の森ネイチャーウォッチング』を開催しており、

夕方は『空飛ぶムササビウォッチング』を開催しています。


「国設 軽井沢野鳥の森」として指定されている
この軽井沢の森では世界的でも有数の多種類が
生息する野鳥の宝庫なのです。


2016年のムササビ目撃率は97.7%!!
かなりの確率でムササビに出会うことが出来る様です。


野鳥の森ネイチャーウォッチング

料金:大人2,100円(税込)

   4歳~小学生1,000円(税込)


空飛ぶムササビウォッチング

料金:大人3,300円(税込)

   小学生2,500円(税込)

   4歳~6歳 無料



ボードウォークほか、少し高台になっているところから浅間山を見ることが出来る日もあるそうです。

Image title


非日常一日目の終わりはお風呂♡

美と健康のためのスパ施設『メディテイションバス』にてお風呂に入ります。
新しいスタイルの温泉『メディテイションバス』は、
明るさに包まれた「光の部屋」と、かすかな音が響く「闇の部屋」で構成されていて、
心と身体と呼吸を調える空間になっています。

Image title

時間によっては体調に合わせた
水中ボディワークも行っていて、
重力から解放されるフローティング体験や
ストレッチなどを教えて下さいます。

すべてそろっているので、手ぶらでOK♪


瞑想入浴法も掲げられています。

Image title

中は1つ1つ個室になっている
シャワールームがあります。
そしてこちらがメディテイションバスの入り口です。

Image title

ここを抜け、奥に進んでいくとまず
『光の部屋』が現れます。

Image title

そしてさらに進むと下記写真の右奥の入り口が
『闇の部屋』です。

Image title

闇の部屋は、本当に真っ暗の為
全く写真を撮ることが出来ません。

39℃~40度で熱すぎないため、自律神経の副交感神経を活発にして
身体をリラックスした状態にしてくれるそうです。

就寝前や早朝の入浴にオススメ。
ここは星のや軽井沢の敷地内にありますので
宿泊者以外は立ち入り禁止。
この施設を使う人数はかなり限られています。
よって混みすぎないことも魅力♡


ゆっくり体を休めて、二日目の

『多彩なアクティビティで心身ともに健康を手に入れる♡森林浴や夏鮎朝食にうっとり♡~後編~』

に続きます♡


DATA :星のや軽井沢
ADRESS:長野県軽井沢町星野
TEL:0570-073-066
(星のや総合予約)

http://hoshinoyakaruizawa.com/


料金:72,000円~
(1室1泊あたり・食事別・税・サービス料込)
※基本的には2泊以上からの予約ですが、30日以内であれば1泊から予約が可能です。

『桑美人滞在』

プログラム料金:45,000円(宿泊代別)
「桑美人滞在」プログラムは7月31日まで。9月1日からはきのこをテーマにした「きのこ美人滞在」プログラムがスタート。


今月の宿泊券プレゼントもチェック!
うっとり美とりっぷ特集へ戻る>>

MAQUIA2020年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share