季節の変わり目などに肌がざわつくのはなぜ?「MAQUIA」3月号では、不調に陥りがちな春先の肌ケアについて、プロが正しい知識を伝授。外的刺激から肌を守るためのポイントを教えます。

Image title

カサカサチクチクひりひり

体の外&中からの刺激で悲鳴を上げる
ざわつく肌”を落ち着かせる100100

季節の変わり目や月経前などに感じる、いつもとは違う肌の不調。ヒリヒリしたり赤み、かゆみが出たり……肌も心もざわざわするのはなぜ? ざわつきの正体を見極めて、どんなときでもゆらがない美肌を目指して。


お話を伺ったのは…

銀座ケイスキンクリニック 院長
慶田朋子先生

「切らないハッピーリバースエイジング」を叶える美容皮膚科として患者から厚い支持を集めている。多方面で活躍中。


資生堂 グローバルイノベーションセンター 研究員
菊田雅之さん

季節や寒暖差などでゆらぐ肌をケアする製品開発や、大気汚染を寄せ付けないシールド技術の情報開発などに携わっている。


花粉、PM2.5、ほこり…
浮遊する刺激から守る

季節の変わり目にだけケアするのはもう古い! 今や年中ケアが必須となった外的刺激を徹底ブロック。


Q 肌をざわつかせる外的刺激って?

A 花粉やPM2.5、大気汚染などです

「花粉や黄砂、PM2.5、タバコの煙、大気汚染物質など私たちを取り巻く環境にあるあらゆるものが外的刺激となって肌や人体に影響を与えます。紫外線やブルーライトなどの光も外的刺激のひとつです」(慶田先生)


Q いまさらだけど、PM2.5って何?

A 直径が2.5マイクロメートル以下の超微粒子のこと

「大気中に浮遊している直径2.5μm以下の微粒子のことで、髪の毛や毛穴より小さく、肺や肌の奥深くにまで入り込みます」(慶田先生)

Image title


Image title

PM2.5の正体は、排気ガスなど人為的に排出された物質と、黄砂など自然由来の物質が大気中で太陽光線などと化学反応を起こして生成される2.5μm以下の微小粒子の汚染物質。これが空中に浮遊して肌や人体に入り込み、刺激物質となって悪さする。


Q タバコの煙は吸い込まなければ問題ナシ?

A 肌に触れるだけでも影響大

「タバコは煙を吸い込まなくても、肌に触れるだけで炎症やシミの原因になることが。発ガン性や妊孕(にんよう)率の低下など、人体に悪影響しか与えません」(慶田先生)

Image title


Q 目の周りだけかゆみが出る……

A 粘膜周囲はざわつきやすい要注意ゾーンです

「目や鼻などの粘膜部分は花粉などが付着しやすく、アレルギー反応が出やすい要注意部分。こするとさらに悪化するのでメガネなどで事前の対策を」(慶田先生)

Image title

目もとや鼻の周りをイオンのベールでガード。イハダ アレルスクリーンジェル EX 3g ¥900(編集部調べ)/資生堂薬品


Q 外的刺激をブロックするスプレーの上手な使い方を知りたい

A ベースメイクの仕上げに適量を

「外的刺激から肌を守る効果を最大限に発揮させるには、ベースメイクの仕上げとしてお手入れの最後に適切な量をムラなく均一にスプレーすると○」(菊田さん)

Image title

ひと吹きで花粉、ウイルス、PM2.5をまとめてブロック。イハダ アレルスクリーン EX 50g ¥900(編集部調べ)/資生堂薬品


Q 花粉やPM2.5をガードするコスメ、塗るのとスプレー、どっちが効果的?

A どちらも効果アリ

「どちらも外的刺激をブロックする効果は同じなので、使いやすい方を選ぶといいでしょう。併用する場合は、製品の用法に従ってください」(菊田さん)

Image title

今年はスプレーや塗るタイプも優秀!

(右から)4種の植物成分配合。アレルテクト スプレー 50g ¥850(編集部調べ)/コーセー 透明バリアと擬似バリア、ふたつの膜で肌を守る。フイルナチュラント エクスバリア スキンプロテクト スプレー 70g ¥1200/ドクターフィル コスメティクス ブルーライトもカット。イーブン ベター シティ ブロック アクア ジェル 45 SPF45・PA+++ 30ml ¥5500/クリニーク(2/7発売) 均一膜で肌をガード。アベンヌ アーバンプロテクション UV フェイス&ボディ SPF50+・PA++++ 40ml ¥2800(編集部調べ)/ピエール ファーブル ジャポン(2/21発売)


Q 外的刺激をブロックするにはどうすれば?

A トラネキサム酸やレチノール配合のコスメで肌に膜を

「抗炎症作用のあるトラネキサム酸や抗酸化作用のあるレチノールなどが配合されたものを塗って膜を作っておくと、刺激物を防御しつつ炎症も抑えてくれるので一石二鳥」(慶田先生)

Image title

(右)ひと塗りでパッと明るく。トランシーノ薬用 ホワイトニングCCクリーム(医薬部外品)SPF50+・PA++++ 30g ¥2600(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア(2/10発売)(左)バリア機能を高めながらくすみ知らずの肌に。サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート SPF50+・PA++++ 25g ¥4500/ディセンシア


Q 花粉などをオフするにはW洗顔必須?

A そうとは限りません

「花粉などがメイクと混ざっている可能性があるのでクレンジングは必須。洗いすぎを防ぐためにも、W洗顔不要のもので短時間でサッと落とすのが○」(慶田先生)


Q 外的刺激から肌を守る食べ物ってある?

A 生芋こんにゃくやほうれん草などがおすすめです

「セラミドが含まれている生芋こんにゃくや、抗酸化成分のあるほうれん草や長ネギ、小松菜などが○。ビタミンB2、B6、たんぱく質もおすすめ」(慶田先生)

Image title


Q 花粉やPM2.5によるざわつき対策には、
インナーケアとスキンケアどちらが効果的?

A どちらも大切です

「インナーケアで肌の抗酸化力、防御力を高め、レチノールやトラネキサム酸配合のスキンケアで肌にバリアの膜を作っておけば、より効果的に外的刺激を防げます」(慶田先生)


Q オイルを使うと、花粉などが肌に張りつきそう…

A ベタつきが気になる人は夜だけの使用に

「浸透力のあるさらりとした使い心地のオイルもありますが、花粉などの付着が気になるようなら朝は使わず、夜だけの使用にするといいでしょう」(慶田先生)


Q 花粉などが付着している肌のメイク直しはどうすれば?

A 肌表面をブラシで軽く払ってからメイク直しを

「肌への付着物が気になるなら、チークブラシなどで軽く払ってからメイク直しを。化粧水を含ませたティッシュなどでスタンプ式にオフするのもいいでしょう」(慶田先生)

Image title


Q 花粉やPM2.5対策のマスクが刺激になりそう

A 肌に直接花粉がつくよりはマシ

「肌に直接花粉がつくよりは、マスクの方がマシです。どうしてもマスクの刺激が気になるなら、外的刺激をブロックするスプレーなどを使ってみて」(慶田先生)


Q 角質ケアは花粉などをオフするのにも効果的?

A 花粉ケアにはなりませんが、2週間に1度を目安に取り入れてみて

「角質ケアをするとターンオーバーが高まり、肌の水分量がアップするというデータがあります。2週間に1度くらいを目安に取り入れてみて」(慶田先生)

Image title

(右)水のようなテクスチャーで刺激レス。肌の代謝を整えて肌本来の潤う力を呼び戻す。タカミスキンピール 30ml ¥4800/タカミ (左)古い角質を除去してゴワつく肌も柔らかく整え、つるんとした透明美肌を実感。スキンピールジェル 100g ¥2800/エトヴォス


Q 肌がざわついているときはスキンケアは休止したほうがいい?

A ざわついているときこそ保湿が肝心

「肌が荒れているからと何もしないと、ますます肌は不安定な状態に。ざわついているときこそ保湿をしっかり行い、肌のバリア機能を回復させて」(慶田先生)

Image title

(右)低刺激処方で敏感肌ケアとエイジングケアを同時に叶える。フラコラ LPS原液 30ml ¥3519/協和 (左)高い浸透力と保湿力で肌の潤い力を強化。ドクターメディオン クラスティブウォーター 80ml ¥4500/メディオン・リサーチ・ラボラトリーズ(2/28発売)


Q 外的刺激に敏感に反応するのは大人だけ?

A 子供の方が危険大

「子供の方が皮脂の分泌機能が未熟なため、バリア機能が弱い肌と言えます。小さい頃から適切なスキンケアでバリア機能を保つことが大切です」(菊田さん)


Q 花粉対策っていつ頃から始めるといいの?

A 年間を通して対策を

「春先に花粉や黄砂は増えますが、種類は違えど花粉は年中飛散しています。自分の肌がどの季節に荒れやすいかなどを把握し、適切な対策を行って」(菊田さん)

Image title


Q 季節の変わり目に、肌に赤みやかゆみが現れます

A 「季節性敏感肌」の可能性が

「毎年決まった時期に肌が不安定になるなら、それは“季節性敏感肌”かも知れません。季節ごとに異なるアレルゲン物質が肌に付着し、かゆみや赤みといった炎症を引き起こして肌を不安定な状態にさせます」(菊田さん)


▼当てはまる数が多いほど、季節性敏感肌の可能性大!Image title


Q 保湿しているのに肌がざわつきます

A 保湿が足りていないせい

「クリームを省いたり使う量が少なかったり、保湿が足りていない人が多数。肌がペタペタするくらい、クリームはたっぷり使いましょう」(慶田先生)



MAQUIA 3月号

撮影/天日恵美子(モデル) ヘア&メイク/藤本 希〈cheek one〉 スタイリスト/立石和代 モデル/黒澤はるか イラスト/沼田光太郎 きくちりえ〈Softdesign〉 取材・文/関本陽子 企画・構成/髙橋美智子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

MAQUIA2020年9月19日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share