スマホの光も老化の原因! ブルーライトに挑む最新コスメを緊急レポート

スキンケア
いいね! 3件

紫外線さえブロックすれば、美肌をずっとキープできる……。そんなこれまでの常識を覆し、新たに今注目されている、怖~い「光老化の原因」の存在と、そこに挑む最新コスメを「MAQUIA」5月号から緊急レポート!

Image title


日常的に使われている
「光」も肌ダメージに⁉

 太陽光には、紫外線のほかにも色を感じさせる可視光線や、大量の赤外線が含まれています。「光老化」についての研究が進む中、そんな「紫外線以外」にも、肌にダメージを及ぼす要因が潜んでいたことが判明! 可視光線の一部であり、日常に不可欠な人工光に含まれるブルーライトも、肌のエイジングを加速させることが明らかに。味方だと思ってきた「光」までも肌の大敵だと分かった今、たとえ室内にいても油断は禁物。UVさえブロックすれば、美肌でいられる。そんな常識はもう過去のもの。「光害」との闘いは、新時代を迎えようとしているのです。

Image title

地上に届く太陽光のうち、紫外線は約6%。ブルーライトの波長は約400~500nmで、近赤外線は約750~3000nm。波長が短いほどエネルギーが強く、長いほど肌の奥深くまで届く。


【お話を伺ったのは…】

ランコム 成田浩明さん

マーケティングスキンケア シニア プロダクト マネージャー

パルファン・クリスチャン・ディオール 村山恵理子さん

PRグループ PR担当


Image title

スマホで肌が焼ける

可視光線の中で最も波長が短く、強いエネルギーをもつブルーライト。太陽光だけでなく、私たちの生活と切り離せないパソコンやスマホ、LEDの照明からも、人工的なブルーライトが絶え間なく浴びせられている。「目への影響はもちろん、ブルーライトが睡眠障害などの要因になることは今や広く知られていますが、それだけでなく肌の色素沈着も引き起こすことが明らかになりました」(成田さん)


一時間でも色素沈着が起こる

「415nm波長のブルーライトを1時間照射したところ、メラノサイトを経由することなく肌細胞が変色し、照射後3週間経っても色素沈着が残っていることが実証されました。高い熱量のブルーライトを当てるほど、細胞の変色が濃くなることもわかっています。UVBと比べても、ブルーライトのほうが鮮明な色素沈着を起こし、その持続性も高いんです。」(成田さん)


黄ぐすみも進行

「UVに匹敵する活性酸素を生み出す人工光。そのため皮膚のタンパク質がカルボニル化し、肌の黄ぐすみを進行させてしまいます。また細胞の機能にもダメージを与えるので、肌のエイジングの促進にもつながります」(村山さん)


【次のページをチェック!】ブルーライトをCUTしてくれる新作の救世主はこちら》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN