ゆらぎ・チクチク・かゆみ対策【肌あれ防止のインナー&ボディケア】

スキンケア
いいね! 0件

季節の変わり目に起こりやすい肌トラブル。「MAQUIA」3月号では、みんなが抱える悩みをプロが解決。正しい知識で肌をしっかりケアしましょう♪

Image titleQ:タイツをはくと脚がチクチク……

A:入浴時の保湿を徹底して

「肌と繊維の摩擦が原因。肌荒れ防止などの入浴剤などを使って入浴し、入浴後はボディミルクやオイルを塗って保湿を徹底して」(岡部さん)。「体は洗浄力の高い石けんではなくボディソープでやさしく手洗いを」(小西さん)

Image title

薬用ソフレ 濃厚しっとり入浴剤 スウィートハーブの香り[医薬部外品] 480㎖ オープン価格/ バスクリン  

Image title


キュレル 潤浸保湿 泡ボディウォッシュ[医薬部外品] 480㎖ ¥1200(編集部調べ)/花王

Image title

クナイプ ムースウォッシュ ホワイトハイビスカスの香り 200㎖ ¥1000/クナイプ


Q:体がかゆくてたまりません

A:一時的に冷やしてみて

「応急処置としては一時的に冷やすというのもあり。それでも治まらなければ病院へ。バリア機能が弱っていると花粉などが刺激になって炎症を起こすことも」(髙瀬先生)


Q:ゆらぎ肌に効果的なサプリは?

A:ビタミンA、C、E

「サプリならビタミンA、C、E。リラックスした生活、そして基本食をきちんと摂ることも忘れずに」(岡部さん)。「私はこの時季ビタミンCを積極的に摂取」(小西さん)

Image title

3種のビタミン入り。ディアナチュラ ビタミン C・E・A 30粒入り(30日分) ¥490/アサヒ グループ食品 

Image title

吸収しづらいビタミンCをリポソーム化。リポ-カプセル ビタミンC 30包入り ¥7200/スピック


Q:寒さ対策用インナーって肌に負担になる?

A:YES

「汗をかくと化学繊維は肌の刺激になることも。肌トラブルがあるひとは肌にやさしい綿素材のものを」(髙瀬先生)


Q:湯船につかると体がかゆくなります

A:お湯の温度が高すぎない?

「体温が上がると血管が拡張し、それが刺激となることも。そんなときはお湯の温度を下げてみましょう」(髙瀬先生)


Q:春先は頭皮のフケが気になります。

A:頭皮も肌の一部。しっかり保湿を!

「頭皮も肌と同様に乾燥します。洗浄力が高すぎるものを避けアミノ酸系、ベタイン系のものでやさしくヘアケアを」(小西さん)

Image title

コラージュ フルフルネクスト 薬用シャンプー うるおいなめらかタイプ、 同 薬用リンス[医薬部外品] 各400㎖ ¥3000(編集部調べ)/持田ヘルスケアImage title

ミノン 薬用ヘアシャンプー、同 薬用コンディショナー[医薬部外品] 各450㎖ ¥1400(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア

Image title

キュレル 頭皮保湿ローション 120㎖ ¥1300(編集部調べ)/花王


教えてくれたのは・・・

ビューティサイエンティスト 

岡部美代治さん


ヘア&メイクアップアーティスト

小田切ヒロさん


日本化粧品検定協会

代表理事 小西さやかさん


ウォブクリニック中目黒 

総院長 髙瀬聡子先生


小林製薬 スキンケア事業部 

研究開発部 部長 工学博士 栗山健一さん


decencia 商品企画部

リーダー兼PR 堀 奈々恵さん


「MAQUIA」3月号

撮影/当瀬真衣(モデル) 吉田健一(物) ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉 スタイリスト/立石和代(モデル) タカシバユミ(物) モデル/佐藤優里亜(マキアビューティズ) 取材/靍田由香 


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN