春の肌トラブル【赤み・ごわつき】のレスキュー対策教えます!

スキンケア
いいね! 1件

季節の変わり目は、肌がごわついたり、炎症による肌の赤みが気になる時期…。トラブルに関する知識を身につけてお肌を守る準備をしましょう! 今回は「MAQUIA」4月号から、美の専門家3人が答える『赤み・ごわつき』のケア方法をQ&A方式でご紹介します。Image title

赤み


Q 赤みの原因はひとつですか?

A 血管の拡張・脂漏性湿疹・炎症などいろいろ

「りんごほっぺ状なのは血管拡張が原因。また脂漏性湿疹なら頬の毛穴周りに赤みが目立ちます。赤みの種類によって、原因は違ってくるんです」(津田先生)


Q 赤みがあるときのOKケアと、NGケアを知りたい!

A OK=しっかり保湿 NG=ゴシゴシケア

Image title

「赤みは微弱炎症が起きている状態。こすったり、刺激は禁物です。また睡眠不足や不摂生もNG。食事からビタミンやミネラルを補給してあげましょう」(津田先生)


Q 赤みに効くコスメは?
A  クリニークやdプログラム

「赤みに着目したコスメもあります」(水井さん)。dプログラムのローションは、赤くなりやすいゆらぎ肌にアプローチ。クリニークは赤み敏感肌用。

Image title

dプログラム バランスケア ローション WⅡ[医薬部外品] 125㎖ ¥3500/資生堂インターナショナル 

Image title

RD ソリューションズ インスタント リリーフ ミネラル プレスト パウダー 11.6g ¥5000/クリニーク


Q 赤みは冷やすと治る?

A 今のほてりは治まるけど、根本ケアではない!

Image title

「日焼けの急性な赤みは、冷やすことが有効です。そうでない赤みは、ベースに慢性的な炎症反応があることが多く、根本ケアにはなりません」(津田先生)


【次のページをチェック】ごわつきには保湿と角質ケアのどちらが有効? 気になる回答はこちら>>>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN