乳酸菌を食べると、お肌にもよい? 美肌のための「菌活」

スキンケア

腸内や口内のように、肌にもビ~ッシリと棲息する「菌」。「MAQUIA」5月号では、その「菌」が美肌を育む理由に迫ります。

Image title

肌の調子は「美肌菌」たちのごきげん次第

美肌のための「菌活」始めよう

腸内や口内のように、肌にもビ~ッシリと棲息する「菌」。実は、その「菌」こそが美肌になれるかどうかのカギを握っているって知ってた?


答えるのは...

皮膚科専門医
慶田朋子先生

銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。皮膚について深い知識を持ち、最先端の皮膚科学を常に研究。

「肌菌の実態がクリアになったのは、最近のこと。ひとりの人の顔には約200菌種の常在菌が存在。これは腸内細菌にも劣らない豊かなフローラ。肌を確実に支配しています」(慶田先生)


Q そもそも「美肌菌」には
どんな種類があるの?

A 主に3種類。アクネ菌にも「美肌菌」が

いわゆる善玉菌と言われるのは、この3種。えっ?アクネ菌はニキビのもとだから悪玉菌では、と思うはず。実はアクネ菌には菌種が多数あり、その多くが美肌に欠かせない役割を果たしている!


表皮ブドウ球菌

皮脂を分解して
天然のうるおいに

美肌pH、弱酸性に保つために欠かせない菌。皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解して、天然の美容液に。


サーモフィルス菌

セラミドを作り
バリア機能をUP

最近注目されている美肌菌。セラミドを作り出す酵素を持ち、肌のバリア機能修復に欠かせない。


アクネ菌(善玉)

悪玉菌の増殖を防ぐ
皮脂をエサにプロピオン酸という代謝産物を放出。この酸が悪玉菌の増殖を抑え、肌を弱酸性に保つのをサポート。


Q 肌によくない菌もある?

A 「汚肌」を引き起こしかねない菌、あります

ニキビを引き起こすアクネ菌や黄色ブドウ球菌、マラセチア菌は、ともすると「汚肌」を引き起こしかねない菌。これら悪玉菌と呼ばれる菌はいずれも常在菌で、美肌菌が健在なら悪さをしないでおとなしくしているもの。「汚肌菌」に変貌させないことが大事。


黄色ブドウ球菌

一気に増えると
敏感肌の原因に

それほど悪さをしない菌だが、洗顔のしすぎや乾燥で肌がアルカリ性に傾くと一気に増え、敏感肌の原因に。


マラセチア菌

背中ニキビや
フケの原因菌

カビの一種で、春以降増える菌。背中ニキビやフケを引き起こすマラセチア毛包炎、脂漏性皮膚炎の原因。


アクネ菌(悪玉)

古い角質を好む
大人ニキビのもと

ニキビの原因になるのは、悪玉に属すアクネ菌の一部の株。皮脂が多く、古い角質に囲まれた毛穴で繁殖。


Q 乳酸菌を食べると、お肌にもよい?

A 腸内環境が整うと美肌菌好みの肌に

乳酸菌を摂って、直接美肌菌フローラが変わることはないけれど、腸内環境が改善することで、皮膚バリアが改善。水分量が上がることもわかっている。美肌菌にとって居心地のいい環境になるので、肌にとっても菌活になるといえる。


Q 肌の「菌活」って、
美肌菌の数を増やせばいいの?

A 美肌菌の「割合」を増やし、多種多様に

肌の総菌数はある程度一定で、美肌菌と悪玉菌がせめぎ合っている状態。美肌菌にとってよい環境を整え、悪玉菌にとって居心地の悪い環境にして、美肌菌の割合をアップ。多種多様な細菌社会(フローラ)をつくるのが肌の「菌活」。


Q キレイな人の美肌菌を移植できる?

A 一緒に生活すれば自然ともらえるかも

胎内の赤ちゃんの肌は無菌。生まれてくるときお母さんの産道で菌をもらい、スキンシップでフローラに。大人になった今も、一緒に暮らしていれば自然と菌を共有し、フローラが似てくる可能性あり。

1/3

2/3

3/3

Q 「美肌菌」を育てるには
どうしたらいい?

A 美肌菌を追い払わず
住みやすい環境に整えて

強すぎる洗浄料でゴシゴシ洗いは厳禁! 美肌菌を洗い流すだけでなく、肌がアルカリ性に傾き悪玉菌が増えやすい環境に。また古い角質は悪玉アクネ菌の巣窟に。紫外線は美肌菌にダメージを与えるのでしっかり防いで。

Image title

古い角質をためない

角層をやわらげ
浮かせてオフ

大人ニキビを招くゴワつき肌がつるり。米肌 澄肌クリアエッセンス 120㎖ ¥4000/コーセープロビジョン


これはNG

強い洗浄料やゴシゴシ洗いで美肌菌が減ると、回復するまでに半日以上かかってしまう。

Image title

やさしいクレンジング

美肌菌を守る天然
素材クレンジング

天然由来の界面活性剤が菌に負担をかけずメイクオフ。ピュアリクレンジング 150g ¥3334/えそらフォレスト

Image title

UVケアをきちんと

美肌菌が苦手な
大気汚染もカット

UVイデア XL プロテクショントーンアップ SPF50+/PA++++ 30㎖ ¥3400/ラ ロッシュ ポゼ

Q 顔の上に菌があるなんて、
イヤなんですけど・・・

A 菌はいてあたりまえ。
むしろ豊かでないと

菌というと悪者のように聞こえるけれど、うるおいやバリア機能を高め、抗酸化、抗炎症もして、外部の菌から肌を守る重要な役割。菌が肌にいなければ、美肌を保てないどころか、生きていけない。

グラフ1本の中の色数=その人にいるアクネ菌の数。誰の肌にもアクネ菌は複数種存在。その組成は人それぞれ。資料提供/TAK-Circulator株式会社

Q 肌トラブルが起こりやすいのは、
菌と関係あり?

A 殺菌などの「菌いじめ」
が肌トラブルを招く

ニキビなどを気にしてアクネ菌を殺菌すれば、美肌菌まで殺してしまい、豊かであるべき細菌社会が過疎化。肌の守護神を失い、乾燥、ゆらぎ、ニキビを引き起こし、エイジングが進んでしまう。


MAQUIA5月号

撮影/橋口恵佑 イラスト/本田佳世 取材・文/小田ユイコ 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN