【2018上半期ベスト・スキンケア大賞】美容医療レベルの実感にプロも賞賛!No.1ハリ美容液

スキンケア

「MAQUIA」8月号では、「2018上半期ベストコスメ」のスキンケア大賞を発表。“ライバルは美容医療”というほどの実力で、大人の肌悩みを底上げするハリ美容液が栄冠に!

Image title

2018年上半期

ベスト・スキンケア大賞

悩み多き大人肌に、「ハリ」からアプローチして全方位的に底上げ。美容医療レベルの実感に、美のプロたちから賞賛の声が。


602点

クレ·ド·ポー ボーテ
セラム
ラフェルミサン S

(医薬部外品)
40g ¥30000/資生堂インターナショナル


“ライバルは美容医療”。
堂々の4Dハリ美容液

「ハリのない肌」と一口に言っても、その原因は複合的。目元や口元のシワっぽさ、毛穴の開き、キメ乱れや乾燥……。そんな大人の肌悩みを底上げするため、ブランドの総力を結集した美容液。軽やかでするんとなじむのに、肌全体に引き締まったようなスッキリ感が生まれるのはさすが。Vフォースシステムの働きで肌にぎゅむっとした密度が生まれ、数年前の弾力やハリ感、うるおいを思い出させる実力派に。


ここに注目!

クレ・ド・ポー ボーテ PR担当
高橋朋子さん

原因から徹底分析し生まれた
「ハリのスペシャリスト」

シミやシワと異なり「ハリのなさ」は、いつから始まるのか、どこなのかわかりづらいもの。そんなハリケアに確かな実感が得られるよう、先進的な成分と見た目実感をもたらすテクスチャーにこだわりました。クレ・ド・ポー ボーテだからこそ実現できるハリのスペシャリストで、ラグジュアリーな使用感と最先端のサイエンスが結びついた自信の一品。

Image title

『美容医療はもう不要! そう言いきれるほどの手応えがすごい。肌の奥底から表面まですべてを上向きに整備する実力と技術力に感服』――山崎敦子さん 


『明らかに目に見えるハリを作るためのテクノロジーが満載。 レーザー治療と対等に戦えるようなリフトアップにクレ・ド・ポー ボーテが乗り出したことにとても大きな意味が』――齋藤 薫さん 


『塗るそばから肌に同化し、輪郭全体がきゅっと引き締まった印象に! 視覚からその弾力やなめらかさを感じられる極上の肌は、どこから見てもエイジングを感じさせない』――貴子先生 


『まるで目に見えないコルセットのようにきゅっと引き締まり、ぴんっと引き上がる印象。フェイスラインの骨感を、頬の肉感を美しく際立たせ本来のシルエットに』――松本千登世さん 


『初めて塗った瞬間から確かな手応えの虜に。毎日、頬のあたりを触ってむちっとしたハリに嬉しくなります』――石井美保さん 


『表面的に引き締めるだけでなく、土台から底上げしてハリのある肌の見え方にもこだわった超立体的アプローチ。こっくりとしたベースで浸透性に優れ、内側からみっちり支える実感が。今期のハリ美容液の中で別格の手応え!』――吉田昌佐美さん


『まさに目からウロコの美容液! 肌の奥底からグイッと持ち上げてデザインしてもらったかのようなホールド感に夢中。顔に忍び寄る影、これがあればもう怖くはありません!』――小林ひろ美さん 


最先端の皮膚科学の研究成果を結集させ、真皮の立体構造と表皮のハリ構造を整えるベース。ハリを極める1本ならこれ』――岡部美代治さん 


MAQUIA8月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岡㟢恒彦(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉(モデル) モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/高見沢里子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN