流す・巡らせるの「ひと手間スキンケア」が憧れの美肌への近道! 美容賢者のワザを拝見

スキンケア
いいね! 0件

「MAQUIA」10月号では、夏の終わりの肌をいたわる、スキンケアのひと手間を教えてもらいました。美容家・小林ひろ美さんが実践しているのは、夏疲れで弱り気味な肌への“流す&巡らせるケア”。

Image title

憧れの美肌は、手をかけて育まれていた
美肌な人の“ひと手間スキンケア習慣”

手間を手間と思わず、当たり前のようにスキンケアに+αなケアを習慣化している美容賢者たち。夏の終わりの肌をいたわる、スキンケアのひと手間を教えてもらいました。


夏疲れで弱り気味な肌も流す&巡らせるケアで再起

美容家
小林ひろ美さん

Image title

「日頃からその時の肌や化粧品に合わせたアクションを加えていますが、残暑は特に抗老化に注力。夏疲れで水はけの悪くなった肌は、重さが増してたるみが進行。老廃物が溜まって、潤いが入り込む余地もなく……。ひと手間ケアは続けてこそ意味があるので楽しくシンプルに、長くとも3分以内にとどめます」


❶ スキンケアの所要時間の目安 ❷ スキンケアのアイテム数 ❸ スペシャルケアの定番は? ❹ プロの手によるケアの頻度と予算は? ❺ 日中美容の回数は?

スキンケアDATA
❶朝10分/夜20分、特別な予定があるとき、もしくは肌疲れが気になるときのスペシャルケアDayは30分 ❷4品〜5品 ❸シートマスク、クレイマスク ❹1カ月に1回、約1.5万円 ❺メイク直しを2回

化粧水&乳液のひと手間

乳液で肌をミルフィーユ

「硬くこわばった晩夏の肌こそ、乳液のムッチリ柔軟効果を利用。まずは乳液で肌を緩め、化粧水で潤いを与え、さらに上から乳液を。乾いた土壌に濡れ葉を重ねていくかのごとく、潤いの膜をミルフィーユ。最後は必ずクリームでフタをします」


1 乳液は優しくすべり塗り
乳液を手全体になじませ、顔の内側から外側に向かってなじませる。


2 化粧水は奥に押し込む
乳液の層を崩さないよう、化粧水はプレス。さらに乳液を重ねる。

美容液のひと手間

「血流を味方につけると肌はもっとキレイになる! そこでスキンケアの要となる美容液は、リズミカルなマッサージで浸透を高めつつ、血流もどんどん巡らせます。ボーッとしながらでもできる簡単さが継続のカギ」


1 顔は正面、手は熊手に
美容液を顔全体になじませてから開始。手を熊手のように丸め、額からトントン。


2 トントンとリズミカルに
額から目の下、頬から口元へと3の字を描くようにタッピング。何回か往復させて。

仕上げの ひと手間

肌の断捨離でリフト&小顔

「ジャリッとした感触のクリスタルのような老廃物が溜まった頬骨を流したり、耳を刺激したり。普通のスキンケアではあまり触らない部分だからこそ、効果絶大です」


1 小鼻の横から押し流す
親指の側面を小鼻横にあて、残りの4指は側頭部へ。そのまま親指を頬骨の下側に沿って動かしていく。


2 こめかみから鎖骨へ廃棄
頬骨の下にたまった老廃物を押し流すようにして、終点のこめかみをプッシュ。仕上げに鎖骨まで流す。

仕上げの ひと手間

肌の断捨離でリフト&小顔

1 ターバンで顔周りを温め

ターバンをお湯に浸して絞り、頭につける。ホットターバンは蒸しタオルと違い、両手があくのが便利。


2 前&上下に耳ストレッチ
耳を前や上下にギューッと折って10秒キープ。パッと顔色が明るくなり、リフトアップ効果も期待!


MAQUIA10月号

撮影/青柳理都子(人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ 取材・文/摩文仁こずえ 構成/火箱奈央(MAQUIA) 


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN