できてしまったシミには素早く対応! ピンポイントケアでなかったことに

スキンケア
いいね! 2件

どんなに気をつけているつもりでも、うっかり浴びてしまっている夏の強い紫外線。鏡に映った顔に、今までなかったハズのシミが…! なんてこともあるのではないでしょうか? トータルビューティアドバイザー 水井真理子さんいわく、「できてしまったシミは、濃くなる前に手を打つべし!」と。できてしまったシミに体する効果的なケアを教えていただきました。

Image title


いつものスキンケアに、ポイントケアをプラスするのが有効。用意するのは、美白美容液とコットン、ラップの3点。

洗顔→保湿のあとに、美白美容液をシミの上にピンポイントでオン。さらに、美白美容液を染み込ませたコットン、ラップを重ねて10〜15分間置きます。その後、乳液やクリームでスキンケアを締めくくって。



できてしまったシミは

美白美容液で集中ケアを
Image title

左から/
●DW10 クリア ショット[医薬部外品] 15ml ¥9,500(税抜き)/パルファム ジバンシイ
まるで、ショットを打ち込むように、気になる部分にダイレクトに塗布できるユニークなパッケージ。独自の複合成分“ホワイト インテグラル シーケンサー”が明るく輝く肌色に。

●ホワイトショット SX [医薬部外品]20g ¥12,000(税抜き)/ポーラ
気になる部分に長時間しっかり密着するコクのあるクリームタイプ。美白有効成分をメラノサイトにじっくり届け、シミやソバカスを防止。内側からクリアな白肌に導く。

●フィトブラン インテンシブ スポッツ コンセントレート 7ml ¥13,500(税抜き)/シスレージャパン
紫外線だけでなく、加齢や肌トラブル起因のシミもケア可能。ロールオンアプリケーターで優しくマッサージしながら塗布することで、気になる部分にピンポイントにアプローチすることができる。


【次ページもチェック!】インナーケアでシミに負けないクリア美肌に!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN