化粧水の効かせ方ひとつで美肌UP! 乾燥肌は【押し込み入れ】を実践して

スキンケア
いいね! 0件

「MAQUIA」7月号では、今さら人には聞きづらい化粧水の正しい使い方を、プロのテクニックを交えて掲載中!今回はコットンを使って、毛穴の奥まで化粧水を押し込む“入れテク”を、美容コーディネーターの弓気田みずほさんに教わりました。


美容コーディネーター 弓気田みずほさん

化粧品バイヤーとしての幅広い知識を生かし、化粧品会社のコンサルティングやスキンケア選びの指南役として活躍。


「たるみ毛穴はうるおいで肌土台をパンプアップ」

弓気田さん「エアコンによる乾燥、ストレス、加齢などで広がるたるみ毛穴は、化粧水のうるおいでたっぷり満すだけでかな~り解決可能です! おすすめは、肌にミチッとしたハリが出て、ふっくらうるおうタイプの化粧水。また、ザっとつけるだけでは化粧水がしっかりなじまず、肌応えが半減。コットンでやさしく押し込むようになじませたり、下から上にパッティングして入れ込みましょう」。


うるおいチャージで毛穴ふっくら

毛穴押し込み入れ

1. たっぷりの化粧水でお湿りImage title

コットンに化粧水を浸す。まず顔全体に行き渡るよう、コットンをゆっくりすべらす。


2. 毛穴に届ける“送風パッティング”

Image title

いろんな方向に開いた毛穴に、ゆっくり下から上に回転させるようにパッティング。


3. 毛穴地帯はゆっくり押し込み

Image title

小鼻や頬の毛穴には丁寧に。指の間隔を狭くするようにコットンを持ち、押し込むように。


4. 手の甲でうるおいチェックImage title

きちんとうるおっているかどうか、チェック! もちっとしていない場合は、おかわりを。


【次ページをチェック!】弓気田さんお墨付きの化粧水って?


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN