【開きたるみ毛穴・乾燥敏感毛穴・黒ずみ詰まり毛穴】タイプ別正解ケア術

スキンケア

毛穴は大別すると3パターン。自分の毛穴タイプに合わないケアをしてしまうと、かえって悪化することも。「MAQUIA」7月号では、毛穴が喜ぶ正しいケア方法を伝授します。

Image title

私がついて行くべき毛穴先生は誰?

3大毛穴党首が会合 「毛穴と私」 

支持する毛穴党を見極めて、毛穴が喜ぶ正しいケアを!


どんな毛穴タイプも
押し出す・ほじる、は厳禁!

野毛 マキア読者のように美肌意識の高い人ほど、気にするのが毛穴じゃないでしょうか。
摩文仁 ほかの肌悩みにくらべて手ごわい相手だからこそ、気になるんでしょうね。
小田 毛穴って、実は肌質に由来しているから、常に悩むことになってしまう……。
野毛 毛穴が気になるからと、間違ったケアをすることで、かえって肌を傷めてしまう間違いだけは絶対に避けてほしいです。
摩文仁 確かに! 詰まっているからと清潔ではない手でムリヤリ毛穴を絞り出してしまい、刺激で色素沈着して目立ってしまった経験、実は私にはあります。
野毛 私も。鼻の頭のぽっかり空いたままの毛穴は、昔ほじくり出した「傷跡」。こればかりは治らないので、マキア読者の皆さんにはぜひ気をつけて欲しいです。
小田 “押し出す”、“ほじる”などの物理的なケアでなく、コスメの剤に頼って溶かし出すことが大事ですね。
野毛 そうです。それと、毛穴ケアといえば取り去るケアばかり思い浮かべがちだけれど、実は与えるケアも同じくらい大事なの。
摩文仁 大事ですね。取ったら与えるケアで、開いた穴を引き締めないと。ポコッと開いた穴に満足して、そこで終わってはダメ。


毛穴撲滅のカギは
実は保湿ケアにあり!

野毛 引き締めてふさがないと、防御反応で皮脂が出て、毛穴まわりも硬くなり、またすぐに詰まってしまいます。そして、開いた毛穴は、いずれたるみ毛穴になっていく!!
小田 毛穴汚れの取り去り方、与えるケアも肌質によって方法が違いますよね。乾燥・敏感毛穴はキメがしぼんで貧相になることで目立ってしまうので、とにかく潤い重視。夏でも油分が絶対的に必要です。
摩文仁 自分の肌にあったケアを上手にできると、本当に毛穴って目立たなくなる!
小田 毛穴が目立たない肌って、自分の肌を熟知して正しいお手入れができている、スキンケア上手の証のようなものですね。
野毛 正しいお手入れができると“お手入れが行き届いてる”っていう感じの肌になって、清潔感が生まれますからね。
摩文仁・小田 毛穴悩みとなかなか決別できない皆さん、私たちについて来て!


白熱の毛穴トーク

Image title

毛穴タイプは違えども、3党首が目指すは「二の腕の内側みたいな毛穴レス肌」ということで一致!女子の平和を目指して、毛穴と闘う決意を新たにした。

1/3

2/3

3/3

毛穴マニフェスト

コスメの力で浮かせて
黒ずみ・詰まり毛穴を
すっきりさせます

どんどん出てくる皮脂が酸化し、古い角質と混ざり合って角栓化しやすい、黒ずみ・詰まり毛穴党の皆さん! 気になるからと汚い手で触ったり、ましてや絞り出そうとしてはいけません! 毛穴をいじめればいじめるほど、皮脂の暴動は悪化の一途をたどります。毎日の洗顔と週2ペースのスペシャルケアで、穏やかに詰まりを浮かせて取り去りましょう。取ったら与えて引き締めることも忘れないでくださいね!!


取る

剤で浮かせて穏やかに取る

与える

引き締めながら酸化を防ぐ

スペシャルケア

硬くなる前にふやかして落とす

Image title

摩文仁党首 毛穴ヒストリー

10歳…毛穴の白い詰まりに遭遇

13歳…コスメのCMで白い詰まりが“角栓”と知る

15歳…第1次ニキビピークを迎える

18歳…脂取り紙と毛穴パックにハマる

    ガングロだったため、毛穴も黒化

20歳…第2次ニキビピークを迎える

     フェイスラインに多発

20代後半…保湿が大事と気づく

30歳…ごっそり取るケアをやめ、穏やかに取り去るケアにシフト

毛穴マニフェスト

適材適所のハリケア
開き・たるみ毛穴を
ふっくらさせます

開き・たるみ毛穴が気になりだした皆さん。毎日のクレンジングと洗顔をおざなりにしていませんか? 今日の汚れを明日に持ち越すと、それが悪い刺激となりたるみを助長。残していいのは、美しい思い出のみですよ。保湿ケアはハリを与えるコスメを。ただし塗りたくるのは禁物。腹八分の潤いがたるみをケアするカギ。たまにスペシャルケアで気持ちを上げてハッピーホルモンを出すことも、立派な毛穴ケアです!


取る

今日の汚れは明日に持ち越さない

与える

潤いは腹八分で与えすぎない

スペシャルケア

気持ちもアゲて毛穴も上げる

Image title

野毛党首 毛穴ヒストリー

18歳…ファンデーションをつけるようになって
     毛穴の存在に気づく

22歳…生理前ニキビに悩まされる
     与えすぎのケアをやめ
        アイテムを厳選するように

35歳…毛穴は持ち上げると消えることに気づき
     リフトアップケアを開始

40歳…奥から持ち上げる底上げケアを強化

50歳…上向き肌を形状記憶させるケアを続行

毛穴マニフェスト

バリア機能をアップして
乾燥・敏感毛穴を
やさしくケアします

毛穴が気になるからと、皮脂を取り去る強い洗顔や、さっぱりする保湿は本末転倒。乾燥・敏感毛穴改善には、「皮脂と潤いが命綱」だからです。このタイプは、潤いを奪わないクレンジングと洗顔を日々丁寧に行えば、ほとんど皮脂詰まりは起こりません。むしろ大事なのは、肌の奥で起こっている炎症を抑えて、バリア機能をアップする保湿。毛穴をキュッと引き締めるより、なだめてリラックスさせることが肝心です。


取る

基本のクレンジングを丁寧に

与える

ゆらぎを鎮静しながら保湿

スペシャルケア

肌をリラックスさせて貯水

Image title

小田党首 毛穴ヒストリー

10歳…アトピー肌に悩まされる

15歳…アトピーは解消されるものの
     常に肌は乾燥状態

23歳…不規則な生活でアトピーが復活。
    乾燥で毛穴が目立つように

30歳…クレンジングを変えて肌が安定。
     毛穴が目立たなくなる。

42歳…仕事に追われ、ゆらぎ毛穴が気になるが
     敏感肌ケアで克服

50歳…鎮静系の保湿で毛穴レス肌を持続


MAQUIA7月号

撮影/藤澤由加(人物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 イラスト/本田佳世 取材・文/小田ユイコ 関本陽子 構成・文/火箱奈央(MAQUIA)

【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN