顔だけじゃなく首、デコルテetc. 気になる部分のシワ&たるみの正しいケア法は?

スキンケア
いいね! 0件

「たるみやシワなんて、まだ先の話」と思っていたら大間違い。乾燥と寒さが厳しい冬に油断すると、一気に進行してしまうのです。「MAQUIA」12月号から、「たるみとシワの100問100答」をお届けします。

Image title

お話を伺ったのは

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

佐伯チズ氏に師事後、独立。幅広い知識を持ち、誰もが真似しやすい実践的なメソッドを提案。


スタイルM 代表 村木宏衣さん

言わずと知れたゴッドハンド。整形並みの変化で話題の「顔筋整骨」を習得できる著書も好評。


アオハルクリニック院長 小柳衣吏子先生

診療のかたわら、学会やセミナーで知識と技術を磨くことにも熱心。たるみ専門外来も担当。


宝田歯科医院 院長 宝田恭子先生

日本アンチエイジング歯科学会理事。エクササイズで自身や患者のエイジレスな美を育てる。


コツコツ地道な努力から

スキンケアでシワたるみ予防

軽度でも重度でも、たるみやシワ悩みは日々のケアがモノを言う! 正しい知識と極上コスメで乗り切って。


Q1 たるみケア用コスメ、何歳から投入すべき?

A 30歳が目安

「気になったら、何歳でもたるみ対策のコスメを取り入れて大丈夫です。一般的にはたるみが出現してくるのは30代前半なので30歳を目安に」(小柳先生)


Q2 たるみ用コスメの効果はどのくらいの時間でジャッジすべき?

A まずは1週間

「目安として、なんとなくハリ感に変化が出てくるのが3日~1週間。周りの人に『変わった?』と言われるのが2週間」(水井さん)


Q3 シワやたるみだけでなく、シミやくすみ、色ムラも気になる!

A 基本のエイジングケアは全顔で、シミはスポッツケアをプラス

「シミはハイドロキノンやビタミンCなどのスポッツものでケアし、全顔にはシワ・たるみコスメを使うのがオススメ」(小柳先生)


Q4 首の上、鼻の下がシワっぽいのはどうすれば?

A 口腔内からのアプローチが有効

「口輪筋頰筋の衰えは口元のシワっぽさやたるみにつながります。丁寧にゆっくり舌を回すなどの簡単なエクササイズで予防でき、口角も上がりますよ」(宝田先生)


Q5 首にできたシワ、目立たなくする方法はある?

A 顔と一緒に首ケアも毎日

「女の顔はデコルテまで! 毎日のスキンケアのついでに、首元まできちんとケアしましょう。ついでにリンパの流れを促せば輪郭もすっきり」(水井さん)

Image title

フェイスラインの骨の裏側に親指を入れ込むようにして、耳の下まで指をすべらせる。


Image title

そのまま首の横の筋に沿って、手をなでおろす。首の前側も上から下に優しいタッチで。


Q6 コスメで目立たなくなるシワ、コスメでは難しいシワの違いは?

A 乾燥ジワはOK、表情ジワは努力次第

「乾燥ジワはコスメが適任ですが、表情ジワは筋肉へのアプローチが必須。筋肉は使い過ぎも使わなさ過ぎもNGなので、エクササイズやマッサージが有効です」(村木さん)


Q7 目尻のシワ、額のシワ、ほうれい線などはアイテムを分けるべき?

A 同じでOK

「部分用の美容液は、アイ&リップに共通して使えるものが多いよう。パーツケアを投入する予算がなければ全顔用のクリームを二度塗りするだけでも効果的」(水井さん)


Q8 たるみがひどくなるお年頃ってある?

A 「たるみの曲がり角」は30代前半と40代後半!

「ロート製薬と共同研究を行ったところ、30代前半と40代後半にたるみがぐぐっと進行することが判明。2つの“たるみの曲がり角”を制するのがポイントです」(小柳先生)


MAQUIA12月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/清水美知 スタイリスト/石田 綾 モデル/樋場早紀 取材・文/高見沢里子 摩文仁こずえ 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN