今年買うべきUVケアはコレ【崩れない・美白・CCクリーム】UV3本勝負!

スキンケア
いいね! 3件

美容エディタータイラさんと美容ジャーナリストキサラさんが選ぶ最強UVケアアイテムを大公開!「MAQUIA」4月号からお届けします。


Image title

プロテクト力だけでなく
感触も香りも向上!

キサラ(以下K)
去年に引き続き、UVケアが熱いわね。
タイラ(以下T)
昨今は紫外線の害に加えて、ブルーライトや近赤外線の害まで騒がれ出して、えー⁉ また新たな脅威が出現‼と慌てたわよ~。PM 2・5や1・0などの大気汚染もエイジングの引き金になるし……。肌の周りは敵だらけって感じ。
K 
とはいえ、一番の敵が紫外線であることに変わりないから。透明感を追求するあまり、塗り残し部分を作ってしまったり、崩れて防止力が落ちているのに大丈夫と過信してしまう方が怖いかな。
T 
確かに。でも白浮きする日焼け止めは嫌だなぁー。でも、そういうのもかなり減ってきたよね?
K 
テクスチャーは驚くほど快適になっていますよね。今年は香りもいいものが増えてきた印象で、これはうれしい傾向です。


美容エディター

平(タイラ) 輝乃さん

色白願望はないが今はエイジングケアの要として日焼け止めは絶対。ファンデーションの色に影響しない透明タイプが好き。負担感のない、つけ心地重視派。

美容ジャーナリスト

木更(キサラ)容子さん


20年強のキャリアから紫外線の悪影響は百も承知。きちんと塗れたか否かが把握できる色付きタイプが好み。さらに保湿力高め、香りがよければ文句なし!

最強対決その1

日焼け止め、崩れたらOUT!

崩れにくいUV


パーフェクト UVプロテクション H
SPF50+・PA++++
50ml ¥4500/資生堂(3月1日発売)


汗や水で崩れやすい日焼け止めの欠点を逆手に取り、汗や水に含まれるミネラルに触れると防御膜がより強くなるという、昨年発表された資生堂独自のテクノロジー。ウォーターべースで軽いのに絶対焼けない安心感。全面的に信頼してます。 

最強対決その1

日焼け止め、崩れたらOUT!

崩れにくいUV


クレッセント ホワイト BB
クリーム&ブライトニングバーム N

SPF50・PA++++30g/1.5g ¥5500/エスティ ローダー(3月3日発売)


BBクリームだけでもうっすらと肌色補正がされます。今、流行りの素肌っぽいローな仕上がり。さらにふたに内蔵されたバームがコンシーラー並みに肌色を補正。化粧直しせずに1日美肌のまま、プロテクトもできるのはありがたいわ。 

最強対決その2

日中も美白ケアしたい!

美白UV


雪肌精 ホワイト UV エマルジョン

SPF50+・PA++++(医薬部外品)35g¥2800(編集部調べ)/コーセー


雪のようにふわっと溶け込むみずみずしいテクスチャー。一日中しっとりした感触は日焼け止めとは思えない快適さ! 肌の調子を整えつつ、メラニン生成を抑える一石二鳥の美白成分、トラネキサム酸配合だから使うほどに透明感を実感。

最強対決その2

日中も美白ケアしたい!

美白UV


ホワイトルーセント
オール デー ブライトナー N

SPF50+・PA++++(医薬部外品)50g ¥6000/資生堂インターナショナル


くすみ肌を明るく輝かせてくれそうな淡いピンク色のクリームはスキンクリームのようになめらかでクセのない使用感。しっとりと保湿力高めで、プロテクトはもちろん、独自の美白有効成分4MSKによる美白ケアまでこれ1つでOK。

最強対決その3

透明感あふれる肌へ

CCクリームUV


エピステーム
ステムサイエンス CC

SPF31・PA+++ 32g¥8000/ロート製薬


伸びがいいので少量でもしっかりメイク効果を発揮する肌色タイプ。老化の原因となる紫外線やブルーライトを吸収して赤い光に転換。その赤色光にコラーゲン産生力を高めるといううれしい効果が! ハリ再生に働く新世代の日焼け止めだ。

最強対決その3

透明感あふれる肌へ

CCクリームUV


スノーブライトニング フレッシュCC クリーム 50

SPF50・PA+++ 30ml ¥6300/パルファン・クリスチャン・ディオール(2月24日発売)


一見、白いクリームがなじませると肌色に変化。素肌とみまごうほどのなじみのいい肌色は偏愛するドリームスキンに通じるものあり。スキンケア成分とカラー成分が肌の上で初めてブレンドするユニークな処方だから作れた肌色に脱帽!

MAQUIA4月号

撮影/藤澤由加(人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ 取材・文/平 輝乃 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN