敏感肌・うっかり日焼け・シミに効く【正しい美白&UVケア術】教えます!

スキンケア
いいね! 1件

美白&UVケアの効果が実感できないのは、本当に化粧品のせい? 実は、選び方やケア方法など、自分のやり方が間違っていることも。「MAQUIA」5月号から、美容のプロが教える本当に“効かせる”コツを紹介します。

Image title

私たちがお答えします

美容家 小林ひろ美さん

毎日できるスキンケアのコツと工夫でその効果を底上げする達人。

美容コーディネーター 弓気田みずほさん

大手百貨店の元化粧品バイヤーの経験も。コスメの見極め力は絶大。

コスメコンシェルジュ 小西さやかさん

日本化粧品検定協会代表理事。科学的視点で「効かない」理由を検証。


言い分その1

『UV下地を塗っても日焼けします』

Image title

喝!

散乱剤配合のUV下地を選んでみて

「紫外線散乱剤は吸収剤よりもUVカットの持続性が高め。配合成分に『酸化亜鉛』と『酸化チタン』と書かれているものを。」

Image title

SPF22・PA++。エスプリーク テカリくずれ防止 化粧下地 EX 30g ¥2800(編集部調べ)/コーセー


喝!

メイク直しを忘れていませんか?

「皮脂や汗などで落ちるのは、メイクだけじゃなく日焼け止めも一緒。UVパウダーでこまめなお直しを心がけて。時間がない時はUVスプレーも便利。」

Image title

(右)サンメディック UV 薬用サンスプレー①[医薬部外品] SPF50+・PA++++ 70g ¥1600/資生堂薬品 

(左)シルキー プレスト パウダー 001 SPF25・PA++ (巾着付き) ¥5000/ポール & ジョー ボーテ


喝!

隅々まできちんと塗れていますか?

「化粧崩れしやすいTゾーンと、シミができやすいCゾーンには2度塗りを。また、意外と塗り忘れているのが目尻や目頭、小鼻の脇、口角の『リトルCゾーン』。くすみやすい部分なので気をつけて。」

Image title


【次のページをチェック!】敏感肌だと美白コスメは使えない!? 正しい美白ケアはこちら》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN