肌のたるみ&シワの原因になるアレ、防ぐコレ…プロがまとめて教えます!

スキンケア
いいね! 0件

乾燥と寒さが厳しい冬に油断すると、肌トラブルは一気に進行してしまいます。「MAQUIA」12月号に掲載中の「たるみとシワの100問100答」でシワやたるみを防ぐためのライフスタイルを学びましょう。

Image title

お話を伺ったのは

アオハルクリニック院長 小柳衣吏子先生

診療のかたわら、学会やセミナーで知識と技術を磨くことにも熱心。たるみ専門外来も担当。


スタイルM 代表 村木宏衣さん

言わずと知れたゴッドハンド。整形並みの変化で話題の「顔筋整骨」を習得できる著書も好評。


トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

佐伯チズ氏に師事後、独立。幅広い知識を持ち、誰もが真似しやすい実践的なメソッドを提案。


宝田歯科医院 院長 宝田恭子先生

日本アンチエイジング歯科学会理事。エクササイズで自身や患者のエイジレスな美を育てる。


日々の生活もやっぱり重要

食・生活習慣・都市伝説で、なんとかする!

日々のライフスタイルでもシワやたるみを防げる!?今すぐ役立つ小ネタから、都市伝説的なウワサまで。


Q1 噛みグセや歯並び、矯正などはたるみに関係ある?

A 口を閉じたとき「歯が合わさっているか」がポイント

歯並びも大事だけれど、宝田先生が重視するのは「口を閉じたときに上下の歯の間に隙間があるか」という点。歯が合わさっていると筋肉の緊張が高く、口元の老化が進んでたるみやすくなるそう。

Image title

リラックスした状態で座ったとき、上下の歯の間に隙間があればOK。ない人はたるみやすく、不定愁訴も起きやすい傾向に。


Q2 20代のほうれい線悩みが増えてるって本当?

A 本当です。前のめりでスマホを見るなど、姿勢に注意して!

「猫背になると広頸筋がたるみ、それにつられて頬もたるんで落ちてきます。前のめりの姿勢ばかりとっていると、ほうれい線が出現しますよ」(宝田先生)。特に、若い頃から携帯を使っている20代は要注意だそう。

Image title


Q3 笑わない人はシワができにくいって本当?

A 笑わない人生なんてつまらない!

「笑ってシワができたら、ボトックスで消せばいいんです。笑ったほうがいわゆる“幸せホルモン”が出るから美容にもいいですし。大いに笑って人生を満喫して」(小柳先生)


Q4 マッサージのしすぎは、シワやたるみを招くの?

A 間違ったやり方は、シワやたるみにつながります

「表情筋の流れに逆らったり、クリームなどをつけずに行うのは×。どの部分にアプローチしているのか、鏡で確認しながらがベター」(村木さん)


Q5 痩せたら顔もやっぱりたるむ?

A 急激なダイエットは×

「急激なダイエットは肌が栄養不足になる恐れが。太ったり痩せたりを繰り返している場合も皮が余ってたるみのリスクが激増!」(水井さん)


Q6 たるみを招く生活習慣ってある?

A 喫煙、スマホ三昧、うつぶせ寝、ジャンクフードなどなど……

「喫煙→活性酸素、ジャンクフード→酸化脂質。たるみに限らず、肌老化の大敵。うつぶせ寝や高すぎる枕は首のシワの原因にも」(村木さん)

Image title


Q7 パソコンを長時間使う人は顔がたるむって本当?

A YES!

「パソコンを使っているときは猫背になりがちで、たるみやすいもの」(宝田先生)。使う場合は高さを調整して頭が前に落ちないようにすべし。

Image title

パソコン画面が目の高さより低いと、どうしても頭や首が前に落ちるもの。下に台を置くなどして高さの調整を。


Q8 シワとたるみをもたらす食べ物ってある?

A 糖質はエイジングの原因に

「とにかく甘いものは肌をたるませます! 糖化によって肌がゴワッとかたくなり、黄ぐすみも進行」(水井さん)


Image title

肌の自浄サイクルを整え、フレッシュでハリに満ちた肌に。糖化にもアプローチ。B.A セラム レブアップ 40ml ¥13500/ポーラ


Q9 英語を話す人は口輪筋が鍛えられるって本当?

A 使う筋肉が違うので、その可能性はあります

「英語圏の人はお腹も使って大きく喋るけれど、日本人は口先だけで喋る傾向が。使われる筋肉が違うので、表情筋の鍛えられ方も違う可能性がありますね」(小柳先生)


Q10 いびきをかくのは口輪筋が衰えている証拠なの?

A 関係ありません!

「それは都市伝説で、まったく関係ありませんね」と小柳先生は一蹴。いびきをかく原因はさまざまで、口周りの筋肉を鍛えればいいという単純なものではないそう。


Q11 まぶたのたるみを手術すると肩コリも治るって本当?

A 肩コリが解消した人、たくさんいます!

たるんだまぶたを懸命に引き上げるため、顔や首周りが緊張しやすくなるそう。「まぶたのたるみ取り手術をして肩コリが治ったという人はたくさんいますよ」(小柳先生)。


MAQUIA12月号

撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/清水美知 スタイリスト/石田 綾 モデル/樋場早紀 イラスト/miya 齋藤よしこ 取材・文/高見沢里子 摩文仁こずえ 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN