老け顔を撃退して小顔に!「舌トレ」でリフトアップ&ゆがみ解消

スキンケア
いいね! 4件

筋肉の癖をほぐして整える「舌トレ」で小顔に? 「MAQUIA」5月号から、全身を使った薩摩式「舌トレ」を大公開。

Image title

お話を伺ったのは

さつま骨格矯正
鍼灸整骨院・総院長
薩摩宗治先生

柔道整復師。専門分野は顎顔面骨格矯正。独自の「さつま式メソッド」はモデルや女優からの信頼も厚い。著書に『顔面筋革命』。

Image title


小顔から遠ざかる原因は
骨ではなく筋肉にあった!

 エラの張った四角顔やフェイスラインのたるみなど、大顔悩みの原因は、あごのゆがみにあり。
「ゆがみを加速させる理由は“食いしばり”。口を閉じている時に上下の歯がくっつくと、あごの関節を支える『そしゃく筋群』に体重の約2倍もの負荷がかかるといわれています。あごは、多い人で1日3000回以上動くパーツ。そのたびに負荷がかかれば筋肉は疲弊し、あごがズレていくのです。悪い姿勢や無表情なども顔のむくみやたるみの原因になります」(薩摩先生、以下同)
 さらに、スキンケアやマッサージの何気ない動きも大顔の要因に。「顔の筋肉は日常の動きで過剰に外側へ引っ張られています。それをマッサージでさらに外へ動かせば、顔は広がり垂れるばかり。外から内へほぐすように動かしましょう」
 効率よくゆがみを解消するなら、実践すべきは「舌トレ」!
「舌を動かす時に使う『舌筋群』を鍛えると、マッチョになった『そしゃく筋群』もほぐれてゆがみが改善。たるみを引き上げ、ほうれい線も浅くなります。ぜひ朝晩のスキンケア後の習慣にしてください」


Q 舌を動かす場所がズレたら効果なし?
A 少しぐらいならズレても問題なし

位置を細かく気にするよりも、動かすことが重要! 「舌を動かした時に気持ちいいと感じる場所は、筋肉のこりや疲れが溜まっています。多少位置がズレても行うことで必ず効果がありますよ」


Q どれくらいで効果が実感できる?
A 1回でも顔のむくみが解消!

舌筋群が刺激されて血行がよくなると、1回でむくみが改善&メイクのりもアップ。「2週間ほど続けると、フェイスラインの変化が実感できるはず。筋肉痛は、しっかり効いているサインです」


Q もっと効果を高める方法は?
A 鏡を見ながら筋肉を意識して

動かす方向や刺激するポイントは鏡でしっかりチェック。「どの筋肉を動かしているのか意識すると、筋肉の反応がよくなり効率よく鍛えられます。観察することで変化にも気づきやすくなります」


時短かつ即リフトアップ&ゆがみ解消

全身使って 薩摩式 小顔舌トレ

基本姿勢

Image title

かかとをつけたら、つま先を外側に向けて立つ。みぞおちを斜め上に向けるイメージで胸を張り、肩甲骨を寄せてお尻を締め、かかとに重心をのせる。耳の穴、肩先、腰、くるぶしが一直線上にくるのが理想的。


START!

Image title

基本姿勢のまま左手で右手首を掴み、息を吐きながら斜め後ろへ引っ張り30秒キープ。肩甲骨を寄せあごを軽く上げる。反対側も同様に行い、やりやすかった方で再度実践&キープしながらスタート。

1 舌を前に

口を軽く開け、あごを下げないように舌をできるだけ前へ出し、4秒カウント×5セットを続けて行う。

2 舌を上に

あごを軽く上げたら、舌の先を鼻の頭につけるようなイメージで上に伸ばす。4秒カウント×5セット。

3 舌を右へ

舌をできるだけ右側に伸ばす。舌は顔につけないよう伸ばした状態をキープ。4秒カウント×5セット。

4 舌を左へ

できるだけ舌を左側へ伸ばしてキープ。顔に舌がつかないよう注意しながら、4秒カウント×5セット。

5 舌アイロン

口を閉じ、右の口角から、小鼻と口角の間、小鼻の横……とほうれい線&マリオネットライン上のポイントを反時計回りに1カ所4秒ずつ舌で内側から押し上げる。一周したら、右側の口角から時計回りに一周。

6 舌スイング

口を閉じた状態で、右口角の横→左口角の横→右小鼻の横→左小鼻の横の順に内側から舌で1カ所4秒ずつ強く押し上げる。5セット。筋肉がほぐれ舌筋群も鍛えられるのでむくみ&ゆがみ改善に。

7 舌ぐるりん

口を閉じ、舌先を右小鼻の下の歯茎にあてたら、時計回りに舌で歯茎の表面をぐるりと10回ゆっくりなぞる。次に、左小鼻の方から反時計周りに歯茎をゆっくり10回なぞる。顔と体のゆがみ改善に。

8 舌を寄せる

両腕をおろし、片手の人差し指と中指を左右の口角にあてたら唇を中央にギュッと寄せて90秒キープ。

9 口角を引き上げる

上下の歯を合わせたら、口角を思い切り引き上げるように「に」の口を作り、そのまま90秒キープ。

FINISH!

両手で包み、引き上げる

両手であごからほほ全体を包み、口角が自分にとって理想的な位置にくるよう手のひら全体で引き上げる。

MAQUIA5月号

撮影/露木聡子 ヘア&メイク/杉山えみ モデル/中西麻里衣(マキアビューティズ) 取材・文/国分美由紀 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN