乾いて崩れる肌へ!崩れない肌になる土台作りをレクチャー

スキンケア
いいね! 1件

夏の訪れとともに変化する肌状態。「MAQUIA」6月号では、人気メイクアップアーティストが崩れない肌になるための正解を伝授します。

Image title

師弟・初対談
藤原美智子
小田切ヒロ

塗り方以外にもコツがあった
れない肌になる30の正解

夏の訪れとともに変化する肌状態。今回は、憧れの藤原美智子さんと人気急上昇中の小田切ヒロさん、2人の“師弟”アーティストが登場! 崩れないための正解を特別に伝授。


Image title

(右)メイクアップアーティスト
藤原美智子さん

日本を代表するアーティスト。卓越したテクニックはもちろん、その生き方にも注目が。

(左)メイクアップアーティスト
小田切ヒロさん

“ワザのデパート”とも言うべき斬新な発想力で、いま美容界で最も注目を集める存在。

藤原 今日のテーマは「崩れない肌」。メイク好きな人ほど、全部完璧に仕上げようと頑張るから、崩れたときに悲惨になりがちよね。

小田切 そうですね。最近は写真映えを考えて、濃い口に仕上げる“SNS至上女子”も多い気がします。

藤原 (笑)。キレイになりたい、美人に写りたいって気持ちは大切だけど、ただ同じアイテムをこってり重ねただけじゃ、透明感が失われて怖い感じになっちゃう。

小田切 スキンケアもメイクも、賢くミルフィーユすることが大事ですよね。抜くところは抜きつつ。

藤原 そう。油分と水分、パウダーとリキッドのバランスを見極めながらレイヤーしていかないと。

小田切 オイリーで崩れているのか、乾燥して崩れているのか、それによって対策も変わってきますね。

藤原 夏でも乾燥崩れしちゃうという人は特に、食生活の見直しが必要。内側から改善することが一番の近道だし、私自身もそうだったの。

小田切 オイリー崩れの人は、朝のお手入れやメイクの仕方に落とし穴がある人が多い気がします。

藤原 じゃあ、私は「乾燥崩れ」を、小田切くんは「オイリー崩れ」を担当ね。それぞれの対処法を私たちからみなさんにお届けしましょ。


乾いて崩れる肌へ
\根本から変える/

藤原美智子的
ベストアンサー

「30歳前後は肌や体質の変化とともに、生き方そのものを見つめ直す年頃。受け売りの流行だけでなく、自分に合ったメイクやキレイを持続させるためのスキンケアを、あらためて見直さないといけない年代。だからこそ食や生活習慣を含めた部分から“崩れない肌”になる土台作りを。毎日のことを少し変えるだけで、意外と簡単に乾燥崩れが解決します」


Q1【インナー】
梅雨時期でさえ、
何を塗っても乾く。なぜ?

A 常温の水を2ℓ飲む。
肌質から根本的に改善します

「意外な落とし穴だけど、1日に飲む水分量が足りない人が多い! 常温の水を毎日2ℓ飲む習慣をつけると、約10日で肌印象に変化が。ただ食事中や後に大量に飲むと胃酸が薄まり消化が悪くなるので注意」


Q2【インナー】
朝キレイでも午後は乾いてヨレる。
1日中うるおう秘訣は?

良質なオイルを
毎日摂ればうるおう肌に

「肌機能を高めるビタミンEを豊富に含むココナッツオイルは“食べる美容液”。美肌効果や抗酸化、コレステロールを下げる作用も」


Image title

飲み物やヨーグルトに入れて毎日摂取。有機エキストラバージンココナッツオイル 425g ¥1780/ブラウンシュガーファースト


Q3【スキンケア】
乾燥してファンデーションが
のらないときは?

朝洗顔の後、
冷水で肌を引き締めて

「実は一番大事なのが“引き締め”。洗顔の最後はめくれあがった角質を冷水で落ち着かせて。メイクノリに格段の差が」


Q4【メイクアップ】

絶対に乾かない
下地テクは?


しっとりツヤ系を

Tゾーン以外に塗る

「乾燥肌の人はしっとりツヤ系の下地をチョイス。ただし、テカるTゾーンや目のキワまで塗ると、崩れの原因に。その部分は避けつつ、丁寧になじませて」


Image title

柔らかなツヤを集めて美しいキメと血色感が生まれるピンクパープル。B.A デイセラムLブライトアップ SPF35・PA+++ 25g¥9000/ポーラ

Q5【スキンケア】

季節の変わり目に皮がめくれて
毛羽立つときは?


乾燥肌はターンオーバーが

乱れがち。酵素洗顔で古い角質をオフ

「乾燥肌こそマイルドな角質除去はマスト。肌全体は酵素洗顔、局地的な毛穴ケアには最新の“角栓除去の飛び道具”を」


1 炭酸泡の酵素洗顔。フィトチューン クリアパウダーウォッシュ 40g ¥3000/コスメデコルテ 

Image title


2 バームで角栓を溶かし、ローションで毛穴を潤す。ポアスキンケアステップスバーム20g、ローション6ml ¥4500/イプサ(5月1日発売)

Q6【スキンケア】

乾燥肌用のリッチなコスメを
使うとメイク崩れします……


“肌が手に吸い付く”

くらいの質感がベストです

「それはスキンケアのタイミングが間違っているせい。後のコスメがなじみすぎず、呼び水となる程度の質感で重ねて」


みずみずしく夏でも心地よく使える保湿ジェル。アベンヌ ミルキージェル 50g ¥3500(編集部調べ)/ピエール ファーブル ジャポン


MAQUIA6月号

撮影/向山裕信〈vale.〉(モデル) 五十嵐 真(物) ヘア&メイク/藤原美智子、小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/岡本あずさ 取材・文/前野さちこ 構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN