ニッポンの化粧水はなぜスゴイ?化粧水の歴史をひもとくQ&A

スキンケア
いいね! 1件

「MAQUIA」11月号掲載中の『今最高の化粧水100図鑑』より、日本の化粧水の利点や歴史をご紹介します。

Image title


We love 化粧水♡

ニッポンの化粧水がスゴイ理由

どこの国よりも、化粧水愛が止まらない私たち日本人女性。それはいったいなぜなのか?日本に「水の美容」文化が根づいた背景や、日本で人気の多様な化粧水の利点を、まずあらためておさらい!


伺ったのは…

資生堂 客員研究員

石田かおりさん

被服環境学博士。駒沢女子大学准教授。美容の背景にある美意識の「なぜ」を哲学から追求。


ランコム マーケティングプロダクト マネージャー

松岡采子さん

UVエクスペールやブラン エクスペールをはじめ、スキンケアのマーケティングを担当。


化粧水は日本独自の美容文化?

清らかな水に恵まれた
日本ならではの「水の美容」

化粧水の使用率が約9割に達するほど、化粧水好きな日本人女性。「河川の流れが速いため、水が澄んでいる日本。日本人にとって水は穢れを流すイメージで、『美』とも結びつきやすい。降水量も多く、水の恵みを享受してきた歴史があるから、水の美容を好むといえます」(石田さん)


「油の美容」が主流のヨーロッパ。
理由は気候と水質にある

「ヨーロッパの水質は、ミネラル分が多く含まれる硬水。肌を乾燥させるもの、というイメージがあり、美容に水の使用を避ける傾向があります。年間を通じて大気も乾燥しているので、保湿ケアにはクリームなどの『油の美容』が主流。化粧水はトナータイプが一般的です」(松岡さん)


キメ細かな美肌を育むために、
化粧水にしかできないこと

「肌の角層細胞を包む外壁で、バリア機能の要となるCEが成熟していれば、肌内部に水分をキープし、潤いや柔軟性が保てます。化粧水の役割はCEの成熟を促し、天然保湿成分NMF産生のための最適な保水環境を整えること。そして次に使うアイテムの浸透を助けること。水は水でも、肌のための特別な水なのです」(資生堂PR清水沙耶花さん)


日本女性の肌を見つめた
外資系ブランドの化粧水開発

外資系ブランドからも、数多くの名品化粧水が誕生。「ランコムは外資系ブランドの中でも、いち早く日本に研究所を設立し、アジア人の肌を研究。日本女性の美容意識の高さは本社も理解しており、そのニーズや好みに合うよう、世界有数の研究開発力を誇るラボと、日本市場を熟知した製品担当が連携して処方を開発しています」(松岡さん)

Image title

日本の伝統が息づく化粧水

01 資生堂 オイデルミン 200ml ¥500

明治30(1897)年、化粧品事業に進出した資生堂が発表。西洋薬学に基づく科学的な処方の「皮膚を艶美滑沢ならしむる」化粧水。「資生堂の赤い水」として親しまれ、その後処方の改善がなされながら、今も愛用されている超ロングセラーに。さっぱりとした使用感のふきとり用化粧水。


ヨーロッパ発・日本の肌を見つめた化粧水

02 ランコム ヴィジョネア Cx ローション 200ml ¥7000

植物の、自らを守り修復する力に着目して、2011年に誕生したヴィジョネアは、先鋭分子 [LR2412] が話題に。その後進化を遂げ、ヒアルロン酸を生み出す力を高めて、毛穴の目立たないつるんとした肌に導く。みずみずしくもまろやかなテクスチャー、リッチな潤い感が日本人女性好み。


《《【次のページをチェック!】化粧水の歴史や役割を知るQ&Aはこちら! 》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN