人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

正しい姿勢で顔にメリハリを! 間々田佳子さんの最新「顔ヨガ」でV字に引き締め

スキンケア

「MAQUIA」8月号では、間々田佳子さんの最新「顔ヨガ」をご紹介。まずは、顔の筋肉を動かしてたるみを解消し、血液やリンパの流れもスムーズにする「顔ヨガ」効果がアップする、キュッ、ピタ、ピン!の正しい姿勢を教えます。

Image title


心と体の過緊張が大顔の原因!

□肩、首、背中がこりやすい
□パソコンに向かう時間が長い
□歯を食いしばるクセがある
□目が疲れやすい
□心配性で臆病なところがある
□悩みごとが多く、ネガティブなところがある
□人前で話すのが苦手


Image title

顔ヨガ講師 間々田佳子さん
幸せを運ぶ顔ヨガ講師としてメディアや講演で活躍中。『間々田佳子の顔ヨガでV字上げ』など著書多数。タンゴダンサー兼講師でもある。


ゆるめることが第一歩!
姿勢で顔ヨガ効果もアップ

上のチェックリストで2つ以上あてはまる人は、心身の緊張が高い可能性大。「力の抜き所と入れ所を知らないと、なりたい顔は作れません。緊張した筋肉をゆるめてV字上げを習慣にすることで、引き締まった逆三角形のV字顔が手に入るのです」(間々田さん、以下同)
そのためには姿勢も重要なポイント!「お腹の力が抜けている人はたるみやすく、胸を張りすぎている人は緊張グセがつきやすいので要注意。キュッ、ピタ、ピン!で必要な部分を伸ばしましょう。呼吸を止めないことも大切です」


基本の姿勢は「キュッ」「ピタ」「ピン!」

日頃の乱れた姿勢が原因で体がゆがむと、顔の筋肉まで引きずられてしまうんです!

Image title

座る

ピン!
頭を真上に向け、背中のシワを伸ばすようなイメージで背筋を伸ばす。目線は正面に。

キュッ
深く腰かけたら、おへその下をキュッと持ち上げる。坐骨でイスを下に押すイメージ。

ピタ
足の裏をぴったり地面につける。かかとがひざより少し前に出るように位置を調整する。


立つ

ピン!
頭頂部を真上に引き上げられているイメージで背筋を伸ばす。肩の力は抜いて自然に。

キュッ
おへその下をキュッと持ち上げる。このとき、お尻には力を入れず自然な状態でOK。

ピタ
足の裏を地面につけ、かかと全体で地面をしっかり押すことで、内ももにも力が入る。



最初はむくみをリセット!

Image title

鎖骨のくぼみを押しながら、顔全体のパーツを中央に集めて息を吐く。


Image title

息を吐きながら舌を出し、顔のパーツは思い切り外へ向けて開く。


Image title

指を揃え鼻を挟むように手をあて「オー」の口で鼻の下を伸ばす。


Image title

手をこめかみまでスライドさせたら口角を上げ、鎖骨まで流していく。



MAQUIA8月号

撮影/山田英博 ヘア&メイク/広瀬あつこ 取材・文/国分美由紀 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

たるみケア法をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN