真冬の美肌の大敵は『乾燥とゆらぎ』 原因を知って、賢く事前回避を!

スキンケア
いいね! 2件

1月~2月にかけては、1年を通してもっとも気温が低いのに、春へ向かうべく湿度や紫外線量の変化が激しく、肌への負担は大。この季節を乗り切るために闘うべきは「乾燥とゆらぎ」。今回は「MAQUIA」3月号から、肌の乾きとゆらぎの原因を紹介します。

Image title


乾燥の原因1

冷え

血流が悪くなり栄養不足となった肌は乾燥地獄へ

気温が低くなると、血流が悪くなり冷え状態に。すると皮ふまで栄養や酸素が肌に届きにくく、慢性的な栄養不足気味へ……。エネルギーが足りなくなるため、ターンオーバーが乱れて、乾燥が引き起こされやすくなる! 


乾燥の原因2

低湿度

外気の湿度が低くなるほど肌の水分が蒸発

肌よりも水分量の少ない屋外や屋内にいると、肌の水分はどんどん奪われ蒸発してしまう。つまり、冬のように外気の湿度が低くなるほど肌はどんどん乾く一方に。また汗をかきにくいので、天然の保湿剤も足りない状態。


乾燥の原因3

エアコン

エアコンの暖房が水分量を低下させる

暖かい空気を、風で循環させるエアコン暖房。エアコンで温度が上がることで空気中の水分量は減り、室内は外と同じく低湿度な状態に。そして風が直接肌に当たることで、皮ふ内部の水分はますます蒸発しやすい環境に。


【次ページをチェック】肌ゆらぎの原因はこちら≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN