冬には冬の洗顔法。負担をかけず“肌を育てる洗い方”、教えます!

スキンケア
いいね! 3件

自分でトラブルを作ってない?「MAQUIA」1月号から、乾く時期こそ知っておくべき『肌を育てるクレンジング』の極意を弓気田みずほさんが指南。

Image title

冷える、乾く、締まる……
冬こそ正しく洗わねば!

 肌は乾くし表面がざらつく。冬はつい与えるケアに走りがちだけれど、正しく落とすことが先決、と語るのは洗顔の鬼、弓気田みずほさん。

「気温が低いので代謝が遅くなり、表面が硬くこわばっているのが冬の肌。それゆえ角質が溜まりやすいし、乾くと肌にこびりつくという悪循環に。さらに、外気に冷やされた皮脂が固まって毛穴が詰まり、皮脂がさらに出にくくなる“乾きのスパイラル”に陥ります。こんな状態ではせっかくの保湿も効果を発揮しません。単に汚れを落とすだけでなく、表面の硬さやざらつきをケアし、柔らかくするようなクレンジングと洗顔が必要になってくるんです」
 とはいえ、バリア機能も低下している冬肌の扱いはくれぐれも慎重に。優しく正しく“育肌クレンジング”できれば、いつものスキンケアの効果も倍増するはずです。


Image title

Image title

洗い方の正解

やり方が違えば肌の負担が倍増。自分でトラブルを作ってない?


NG何も考えず、頬からゴシゴシ

正解「こするのは炎症のもと。 スタートはTゾーンから」

ただでさえ乾きがちな冬肌へのダメージを避けるなら、洗う順番も大切に。「最初に指を置いた部分は力が入りやすいもの。皮脂分泌が多い額から洗い始めると、負担が減ります」

Image title

「まずTゾーン、頬は次」が鉄則。目元や口元は、その残りでクルクルするだけでOK !


NG“乳化”って何? さーっと流してますが

正解「オイルは乳化が基本。汚れが転送される

乾いた手で使うオイルクレンジングは、乳化のひと手間が必要。「オイルをなじませた後、ひとつまみのお湯を顔に伸ばして。オイルが乳化して汚れが浮いてきます」

Image title

濡らした指先でクルクルすると、オイルが白く変化。これが汚れが浮き上がる乳化現象。


NG泡がヘタるから、洗顔はさっと済ませています

正解「『水を3回』ルールで、泡立て名人に!」

泡立てが苦手な人はネットを使ってもいいけれど、洗顔料に水をひとつまみ加えて泡立て、ある程度泡が増えたらまたひとつまみ……と少しずつ水を加えながら泡立てるのがコツ。

Image title

泡立てが苦手という人は、水分が足りてないことが多いもの。意外に多くの水が必要に。


NG 疲れて帰った日、メイク落としだけで力尽きちゃう…

正解 「クレンジングと洗顔は別物。忙しい日はW洗顔不要ものを」

「忙しくてW洗顔する元気もない日は、洗顔不要なクレンジングを選んでは?」と弓気田さん。疲れて雑なW洗顔をしてしまっては、肌トラブルのもとに。W洗顔不なアイテムを賢く使って、時間とエネルギーを節約!

Image title

1 濡れた手で使える。TV&MOVIE ホースアクティブエイジ クレンジング&ソープ 200ml ¥3800/T&M 

2 モリンガや緑茶のエキスが環境ストレスまで除去。A/O + P.M.クリア ユースラディアント クレンジング オイル 150ml ¥3700/シュウ ウエムラ 

3 洗い流し不要な最強の拭き取り。ザ・クレンジング ウォーター 200ml ¥10500/ドゥ・ラ・メール 

4 硬い冬肌もほぐすテクスチャーに♡ クレンジング クリーム 150g ¥4000/ポール & ジョー ボーテ


MAQUIA1月号

撮影/藤澤由加(モデル) 那由太(物) ヘア&メイク/木下 優〈ロッセット〉 モデル/永尾まりや 取材・文/高見沢里子 構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN