史上最高傑作との呼び声が高いあの美容液が圧勝!【2018上半期ベストコスメ・美白部門】

スキンケア

「MAQUIA」8月号では、2018上半期ベストコスメの美白部門を発表。“攻めの美白”という新時代を勝ち抜いた1~5位のアイテムをお届けします。

Image title

美白部門

シミを防ぐだけでなく、にごりやくすみ、蓄積した暗さも払拭。“攻めの美白”という新時代の幕開け!

Image title

1位

565点

HAKU

メラノフォーカスV

(医薬部外品)
45g ¥10000(編集部調べ)/資生堂


史上最高傑作と呼べる
W主剤のパワフルさで圧勝

100年以上にわたる資生堂の美白研究から生まれた、4MSKとm-トラネキサム酸をW配合したHAKU。満を持して生まれた新作は、シミ部位で暴走する毛細血管のネットワークに着目。メラニンが生み出されるスパイラルを抑制し、さらにクリアでみずみずしい肌を実現。美白カテゴリーのステージを飛躍的に高めた画期的美容液。

Image title

ここに注目!

HAKU ブランドマネージャー
佐藤小百里さん

あらゆるシミがターゲット。
追随を許さぬ研究に自信

これまでの表皮・真皮アプローチをさらに進化し、血管に着目することで圧倒的なシミ対応力に。美白業界をリードするという意気込みで常に最新知見を搭載し、多くのお客様に評価いただいています。


『どこまで進化するの?と毎回驚かされるHAKU。くすみレスな肌になれるスピーディさに脱帽――増本紀子さん


『翌朝から明るさを感じるほどの即効性でケアとして、予防として優秀で手放せない美白の雄』――KUBOKIさん


『シミくすみ肌にとって、全顔でターンオーバーを促す4MSKは頼れる存在。浸透の速さと肌を明るくするパワーは他の追随を許さない――木下理恵


『さまざまな原因に着目する中で、血管内皮細胞の作用がシミや色ムラに直結するという発見が斬新』――高橋里帆さん


『きっと、こんな非のうちどころのない美白にはもう出会えない。あらゆるシミ原因を叩いていくから美白が効かないと嘆いている人ほどありがたい存在。なくてはならない一本』――中島 彩


 美白部門No.1 

メラノフォーカスVを
3名様にプレゼント!

プレゼントに応募する

プレゼント応募締切:
2018年8月22日(水)10時

2位

237点

エピステーム
ホワイト
フォトショット

(医薬部外品)

30㎖ ¥9000/
ロート製薬

『レーザーでトーニングをしたような澄んだハリ肌に』――小田切ヒロさん

「シミだけにアプローチするつもりが、嬉しい相乗効果に見舞われる。肌の濁りを一掃して、ハリ感アップのリフティングさえ期待できる」(小田切さん)。「IPLを当てた直後に感じられるハリや透明感が、まさか美容液で手に入る時代が来るなんて。肌の色を左右する白肌遺伝子に働きかけるという医療レベルの美白効果を、1本使い続けて実感」(石井さん)

3位

151点

ソフィーナ
ホワイト
プロフェッショナル
美白美容液ET

(医薬部外品)
40g ¥5500(編集部調べ)/花王

『シミケアはもちろん、くすみが晴れる手応えは快挙!』――山崎敦子さん

「花王のゆるぎない美白理論を主軸に、それをより効果的に効かせる最先端の技術をきめ細かく配置する手堅さに感動」(山崎さん)。「もともと愛用しているソフィーナの美白美容液。今年はさらに進化し、肌へのなじみがよくなり、高保湿感も感じられるアイテムに。こんなに美白効果を感じるのにリーズナブルなのも企業努力を感じます」(松井さん)

4位

140点

イプサ
ホワイトプロセス
エッセンス OP

(医薬部外品)
50㎖ ¥12000

『押し込むとどんどん肌がもちもちに。ワントーン明るくなめらか!』――犬木 愛さん

「さらっとしたテクスチャーで肌の奥までしっかり浸透するのが嬉しい! 使い続けて肌がワントーン明るくなりなめらかになりました」(犬木さん)。「これを使い続けて1カ月。それまでは、どこもかしこも色ムラが気になってFDを全顔塗りしていたのに、他人の目がいく目の下ゾーンのみでOKに。FDの使用量が格段に減りました」(伊藤)

5位

85点

ランコム
ブラン エクスペール
ダブル コンセント
レート デイ/ナイト

デイ15㎖、ナイト15㎖ ¥14000

『やる気になれる美白の筋トレ。これのおかげで外遊びが楽しい』――鵜飼香子さん

「日中ダメージでもやもやしている夜の肌は、キヌアでつるんと明るく。朝はローズの力で日焼けしないよう先回り」(鵜飼さん)。「昼と夜のケアを変えることで、ここまで肌が回復するとは! 特にナイトのセラムは、使うたびに薄皮をはぐように明るくなめらかに。セブでうっかり日焼けした後回復できたのは、ひとえにこれのおかげ」(高見沢さん)


MAQUIA8月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岡﨑恒彦(物) 荒川雅之(物切り抜き) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉(モデル) モデル/辻元 舞 取材・文/高見沢里子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)

※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。
※このプレゼントはマキアオンライン会員限定のプレゼントです。HAPPY PLUSの「プラス会員」に会員登録の際、あるいは会員情報変更の際に、メールマガジン「MAQUIA」にチェックを入れて、登録をお願いいたします。
※住所・連絡先等、プラス会員として登録された情報に基づいて、応募・抽選・当選者には発送等の手続きを行います。登録された情報が最新の正しい状態であることをご確認ください。
※ご応募いただいた方の個人情報は、この企画の遂行およびハピプラの進行運営のために使用し、その他の目的では利用いたしません。 個人情報の管理については、集英社が責任を負い、これを厳重に保管・管理いたします。  
※全応募者の中から厳正な抽選のうえ当選者を決定します。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※賞品の発送は2018年9月上旬を予定しております。


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN