人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

神崎恵さんの「うるおってる感」の秘密に接近! 愛用コスメ&うるおい仕込み術も公開

スキンケア

業界きってのツヤ美肌の持ち主、神崎恵さん。「MAQUIA」4月号では、神崎恵さんが「うるおってる感」を引き出すために実践していることを教えていただきました。

神崎恵


うるおい仕込み、ツヤ足しテクニックを徹底リサーチ

神崎恵「うるおってる感」の秘密

業界きってのツヤ美肌の持ち主、神崎恵さん。彼女の魅力は、ツヤ肌だけでなく心まで満ち足りているような「うるおってる感」。それを引き出すために実践していることを教えてもらいました。

神崎恵


<Profile>

かんざき めぐみ●美容家であり、3人の息子を持つ母。アイブロウ/アイラッシュデザインのディプロマを取得。美容誌や女性誌で連載を持つほか、ひとりひとりに合わせたメイクやビューティスタイルを提案する「mnuit」を主宰。著書累計発行部数は120万部を超える。4/5には新しい美容本が発売予定。


うるおいツヤ肌はHAPPYの象徴。
その幸福感は心にも作用
――Megumi Kanzaki

うるおいに満ちたツヤ肌。そんな肌でいるだけで日々の生活は充実し、丁寧な暮らしをしているように感じさせます。どうしたって、うるおい感は生き方に紐付けられてしまう。だからこそ、私は絶対的にツヤ肌至上主義。

とはいえ、ツヤとひと言で言っても、私が理想とするツヤは、しとっと重みを感じさせる、油分を持つうるおいのこと。水分たっぷりのみずみずしいツヤも透明感があって美しい。だけど、油分のツヤの方がその人自身の厚みや色気、幸福感までをも引き出し、年齢を重ねてきた肌とも相性が良い。

着るものや身につけるもので、背筋がシャンとしたり、所作が丁寧になったりしますが、それは肌も同じ。プライベートが充実しているから美しくなれることはもちろんあるとは思いますが、逆に美しくなるよう、肌や髪、ボディに手をかければ、自然とマインドも引き寄せられる。

つまり、満ち足りていそう、幸せそうな空気感は、テクニック次第で作り出すことができるのです。


追いクリーム

1/4

 とにかく体を温める

2/4

 オイルとこってり系クリーム

3/4

 クラランスのダブル セーラム EX

4/4

Q 肌をうるおわせるために

欠かせないテクは?

A 追いクリーム

しっかりうるおいを入れ込むためにも、基本的にどのアイテムも重ね塗り。1、2分ぐらいおきながら重ねると、より浸透していくのを感じます。特にクリームは、メイク前や寝る前にも重ね塗りをして、保湿のダメ押し。

Image title


Q うるおってる感を出すために

必要な習慣は?

A とにかく体を温める

体を温めることで巡りが良くなり、結果うるおう体質に。できれば朝も湯船に浸かるのが理想的だけど、時間がないときは3分ほど手浴。じんわり温まって肌ツヤも良くなる♥

Image title

10年以上愛飲しているお湯で割って飲む生姜ドリンク。密 -hisoca- スティック 生姜15ml×20袋入り ¥4000/大正製薬

Q 肌のうるおいにおいての

マストアイテムは?

A オイルとこってり系クリーム

化粧水で作るみずみずしいツヤ肌よりも、オイルで作る、ぬくっと湿度をまとえるツヤ肌が理想。うるおいの厚みや、じんわりと色っぽさを感じられるから。そのツヤを逃さないためにも、こっくりクリームで閉じ込めて。


1 リピ買いしているオイル。トリロジー ローズヒップオイル 20ml ¥4300/ピー・エス・インターナショナル 
2 みずみずしさとこっくり感を両立。ターゲットエフェクト アドバンスト S[医薬部外品] 30g ¥13000/イプサ

Q 1品できちんとうるおう

ベストコスメは?

A クラランスのダブル セーラム EX♡

肌の奥までうるおい、密度の高いツヤ肌に。しかも、そのツヤがメイクに響いてくれる! 忙しい朝はこれ1本でも十分だけど、化粧水とクリームの合間に挟むと、よりもっちり。一度に2〜3プッシュの贅沢使いが基本。


水分70%・油分30%の肌の保護膜に近い黄金バランス! ダブル セー ラム EX 30ml  ¥11000 /クラランス






MAQUIA4月号

撮影/黒沼 諭〈aosora〉(モデル、物) 橋口恵佑(物) モデル・メイク/神崎 恵 ヘア/工藤由佳〈Un ami〉 スタイリスト/川上さやか 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

\アユーラマスクセット版のご購入はこちら/


\猫トラベルバッグ版のご購入はこちら/

神崎恵さんの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN