保湿の天才・小田ユイコ流スキンケアで、インナードライ&毛穴問題を解決!

スキンケア
いいね! 0件

「MAQUIA」7月号から、美容ジャーナリスト・小田ユイコさんがレクチャーする、初夏に気になりがちな肌の乾燥や毛穴目立ちの原因とケア方法について、合わせて紹介します!

Image title


騙し保湿の天才!

美容ジャーナリスト

小田ユイコさん

まさに、歩く美容辞典! 業界一の美容通で、成分からコスメ情報までこの人に聞けば間違いなし。幼少よりの乾燥&毛穴体質を、自ら克服。



初夏の肌ではインナードライと毛穴問題が多発的に起きている!

この時期、

“落とす”&“入れる”

ケアを間違いがち

 暖かくなって汗や皮脂分泌が盛んになり、肌表面の乾燥は収まっているかのように見える肌だが、

「肌の表面と内側を、勘違いしてはいけません。紫外線のA波が降り注ぐ量は真夏と同等レベルですし、ぼちぼちエアコンをつけるようになってくるので、実は肌の中はすごく乾燥しているケースが多いんです。いわゆる、外はベタベタ、中はカラカラの“あべこべ肌”状態!」という、小田さん。

また、安倍さんは、「実は、春先にコンディションを崩してしまった肌は、元通りになるまで1カ月以上かかります。今の時期はまだまだ虚弱体質な肌状態なので、お手入れしても効きにくいんです。だからといって、そのまま放置していると、角質が肥厚し、毛穴づまりなどのトラブルを抱えてしまう原因に」と話す。

では、果たしてどんなお手入れをすればいいの?と、迷う人も多いはず。


 そこで見直して欲しいのが、基本の“落とし方”、“入れ方”!

「皮脂や汗が気になって洗いすぎ、自らバリア機能を弱らせている人が多いんです。また、暑いからと乳液やクリームなどバリア膜アイテムをないがしろにしていると、外的刺激を受けやすく、潤いが逃げやすい肌になってしまうことも! むしろこの時期こそ、アイテムを省かず、丁寧に潤いの層をきっちりと重ねていくことが大切です」(小田さん)。

また、エアコンや冷たいものの食べすぎ飲みすぎによる冷えも要注意。「冷えたままでは代謝が低下し、ターンオーバーがスムーズに行われず、潤いが行き渡りにくい状態。巡りを良くして肌の力を底上げしつつ、お手入れしましょう」(安倍さん)

Image title

"あべこべ"肌になりがち!

一見、肌表面がベタついて潤っていると勘違いしがちだが、強い紫外線が降り注ぐ影響で、この時期、実は肌内はカラカラのインナードライ状態に。


Image title

いろんな毛穴問題が多発!

過剰な皮脂分泌により、この時期は毛穴拡大傾向に。さらに、お手入れ不足などで角層が乱れて毛穴がふさがれると、黒ずみや開きなどが!


 入れ下手あるある  

1

冷えや交感神経

ONで巡らない

Image title

冷えてる女や交感神経がオンになりっぱなしの女は、血管がキュッと縮こまり巡りが低下。潤いが巡らず、スキンケアの効きが悪い。


2

バリア膜アイテムを

ないがしろにしている

乳液やクリームなどをつけないというのは、無防備な“裸ん坊”状態。潤いが逃げっぱなしだし、紫外線のダメージも受け放題。



3

いきなり重いもので

肌が消化不良に!

Image title

乾くからと、ドカ塗りしたり、いきなりクリームをつけたりするのは、一気食いしているようなもの。潤いが上手く吸収できない。


【次のページをチェック!】インナードライ&毛穴問題を同時に解決する必殺ケアの詳細はこちら》》


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN