応急処置で悪化を回避! 肌のゆらぎを感じたら真っ先にやるべき8つのケア法

スキンケア
いいね! 2件

肌のいろいろなトラブルが起こりやすい春先に備えて正しい知識を蓄えておきましょう。「MAQUIA」3月号では、美容のプロである先生方が正しいスキンケア知識を伝授して、みんなの悩みを解決してくれます!

Image title

Q:春先はいつものスキンケアが合わなくなる……どうすればいい?

A:コートのように油分で調節を

「保湿の中の油分調節がカギ。クリームのテクスチャーを肌状態をみながら変えてみて」(岡部さん)

「変えるアイテムとしては、スキンケアで一番最後に肌に触れるクリームが最適です」(堀 さん)

Image title

美しさが溢れ出す“奇跡のタイミング”に着目。エクス・ヴィ ギンザ 40g ¥85000/アルビオン

Image title

肌が生まれ変わる夜のお手入れに。ハリ復活クリーム。エリクシール シュペリエル エンリッチドクリーム CB 45g ¥8000(編集部調べ)/資生堂

Image title

浸透膜を保護し長時間美容成分を届ける“みたす”クリーム。B.A クリーム 30g ¥32000/ポーラ


Q朝はお湯のみで洗顔派。なのに肌がガサガサ……

A:洗顔料よりも水温が問題

「たとえ洗顔料を使わなくても、皮脂は自分の体温より高いと流れ落ちてしまう性質が。ですから洗顔時の水温は体温より低めが大原則。水温は35℃くらいを目安に」(髙瀬先生)


Q:肌がゆらいでいるとき、日課のマッサージはしてもいい?

A:摩擦がダメージの悪化に!

「肌の状態にもよりますが、ゆらぎの症状が強いときにはマッサージは控えたほうがよいでしょう。摩擦で肌ダメージを助長しないように極力刺激レスに努めて」(髙瀬先生)


Q:水さえもしみる!!
A:ワセリンでバリア機能の強化

「応急処置的に何か!というときには、かぶれる不安もないワセリンがおすすめ。乱れて刺激に弱くなった角層に、油分でフタをしてあげましょう」(岡部さん)

Image title

肌に不必要な刺激を与えることのない白色ワセリン。白色ワセリン[第3類医薬品] 50g ¥410/健栄製薬

Image title

大豆粒のワセリンを手のひらにとったら、ぬるま湯でのばして。すると肌に塗布しやすい。


【次のページをチェック!】しっかり保湿をしてもカサカサ乾燥してしまうのはどうして?乾燥の原因と潤いを与える解決策はこちら♪ ≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN