「焼けた」、「老けた」の対処法 夏バテ肌を立て直す7つのアドバイス

スキンケア
いいね! 2件

強い紫外線や高い気温など、夏を乗り越えた肌やボディはもうヘトヘト。その残暑疲れ、溜めたままだと顔も体も、一気に老化しちゃうかも!「MAQUIA」10月号では、そんな肌トラブルの疑問について美のプロたちがお答えします。

Image title

お話を伺ったのは……

M’sクリニック南麻布 院長 伊藤まゆ先生
外科医。消化器外科と美容医療の経験を基に、自然療法も取り入れた内と外からの抗老化を目指す。

ウォブクリニック中目黒 総院長 髙瀬聡子先生
皮膚科医。マキア世代の肌悩みから、美容医療まで幅広く精通。ドクターズコスメのプロデュースも。


乾燥やゴワつき、目の変色も!

 顔スキンケア編

日焼け後の肌に起こるゴワゴワ感やくすみ。夏終わりの肌に起こるトラブルを、今すぐ救うテクとは?


Q 夕方になると顔がクサイ!何が起きているの?

A 皮脂が酸化して雑菌が繁殖しているのかも。

「ファンデーションに汗や皮脂が混ざって酸化し、それらをエサに雑菌が繁殖している可能性が大。メイクに使うパフや枕カバーを洗うなど、肌環境を清潔に整えて」(伊藤先生)


Q 化粧水が入りづらい気が。どうしよう!?

A 日焼け後の角質肥厚かも。時間をかけてなじませて。

「紫外線を浴びると、肌が乾燥して角層が厚く、硬くなってしまいます。ピーリングなどで角質ケアをしてから、じっくり時間をかけて水分を補給しましょう」(髙瀬先生)

Image title

穏やかなピーリングケアで古い角質を取り除いたあと、ローションパックで時間をかけて化粧水をなじませて。


Q 白目が黄色い……。目も日焼けするの?

A 目に“日焼け”はなし。老化かもしれません。

「白目のタンパク質が黄色く変色するのは、紫外線などによる老化現象。黄ばみを防ぐには、サングラスがおすすめです」(ロート製薬 広報 戸部由紀子さん)

Image title

紫外線は角膜に炎症を起こすことも。目薬で炎症を防ごう。ロートUVキュア(第2類医薬品) ¥880/ロート製薬


Q 顔は白くて首は黒!不思議生物になっちゃった。

A 首も顔と同じケアをして。

「体は顔より肌の代謝スピードが遅いので、ただでさえ日焼けが残りがち。デコルテから上も、顔と同じく美白ケアするよう心がけて」(伊藤先生)


Q 夏に比べて老けた気が。たるみ、ほうれい線どうすればいい?

A 血行が悪くなったサイン。むくみ改善ケアが有効。

「冷房で体が冷えたり夏バテすると、血行不良から顔がむくみ、重みで頬が下がります。入浴やマッサージで余分な水分を流せば、ある程度は改善するはず」(伊藤先生)

Image title

スキンケアをするついでに、頬骨の下をプッシュ。むくみが取れて、顔がシャープに。


Q 猛暑も過ぎたし、朝はお湯洗顔で十分?

A 肌コンディションと相談して。

「必ずしも必要ではありませんが、寝起きの肌がベタついているようなら洗顔料で皮脂をオフすべき」(髙瀬先生)


Q 日焼け? くすみ?肌のトーンがおかしい!

A 朝と夜の顔色をチェックして判断を。

「朝だけくすんでいるなら血行不良。夜までくすんでいるようなら、日焼けの影響と考えられます」(伊藤先生)


MAQUIA10月号

撮影/藤澤由加(モデル) 中澤真央(物) ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/立石和代 モデル/本多麻衣(マキアビューティズ)取材・文/風間裕美子 白倉綾子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN