ずぼらでもできる! 秋のゆらぎ肌に効く緊急ケア対策をレクチャー

スキンケア
いいね! 5件

ストライキを起こしている肌に鞭打つようなスパルタケアは肌が悲鳴を上げるだけ。「MAQUIA」11月号で紹介中のちょっと過保護な手厚いケアがいい感じ♪ その一部をこっそり伝授します!Image title


Q.何をつけても化粧品が響かない!

A.ゴミ出しマッサージで解決

小林さん「リンパや毛細血管が詰まっていると、何をつけても入りません。新しい何かを入れたいなら、余計なものをまず捨てないとダメ」。


1. マッサージクリームなどで指滑りをよくしておいて。あご先からこめかみへ10回流す。Image title


2. 小鼻の横からこめかみに向かって肌をこすらないように10回優しく流して。Image title


3. 最後に額中央からこめかみへ10回流す。こめかみには老廃物を捨てるゴミポケットあり。Image title

Q.バスタイムにできる簡単な美容術は?

A.お風呂の中で耳もみImage title

小林さん「耳の周りには、無数のツボが集まっていて、顔や頭皮の血流がよくなるので、入浴効果も相乗して顔ぐすみ改善。また耳下腺への刺激にもなるのでリンパの流れも良好に。むくみ顔解消にもなります」。


Q.朝の時短ケアは?

A.隈取ラインをマッサージ

小林さん「静脈に働きかけて老廃物を排出。血管を描いたとされる歌舞伎の隈取は、静脈マッサージのガイドに〇」。


1. 額の生え際に手のひらの母指球あたりをあて、気持ちがいいと感じる強さで5回押す。Image title


2. 眉の上から目頭を通り、頬骨下を囲うように中指で流して。これを5回行う。Image title

Q.コスメが効いたか知るには?

A.目の下と小鼻で肌の格差がなければOK

小林さん「小鼻と目の下の肌を手で触って比べ、同じようにしっとりとしていればお手入れ成功」。


【次ページをチェック】お疲れ顔を元気にするお手軽マッサージは?≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN