人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

あきらめるのはまだ早い! 「加齢たるみ」克服メソッドを美プロが伝授

スキンケア

「MAQUIA」12月号では、気になるエイジング悩み「シワ」と「たるみ」の最新事情を大特集。今回は、加齢たるみを克服する方法を美プロがアドバイス!

Image title

最先端の〝効く〞ケアで、肌の未来はここまで明るい!

シワとたるみの100問100答

シワとたるみへのアプローチが画期的に進化した2019年。最先端のサイエンスで顔&全身のシワとたるみを回避すべく、今できるケアや予防法を総力取材!


Image title

美容誌初登場!
デジタルニューマンRIA(リア)がナビ!

アジア初のフルボディCGとして話題の「デジタルニューマン」。人間の「感情」や「表現」に触れながら徐々に社会へ寄り添うRIAを通じて、あらためて、人間や社会の在り方を考えさせてくれる。今回、シワともたるみとも無縁の彼女をアイコンに、美肌の未来や可能性を探る。Instagram : ria_ria_tokyo Twitter : ria_ria_tokyo


【取材したのはこの方々】

ビューティサイエンティスト
岡部美代治さん
化粧品メーカーの研究員を経て独立。コスメをサイエンスの目線から語れる稀有な美の目利き。


カネボウ化粧品 研究員
小林雅樹さん
多くのエイジングケアコスメの研究に携わる。最近ではシワ改善美容液の情報発信を担っている。


アンチエイジングデザイナー
村木宏衣さん
女性美を土台から再構築する「村木式整筋メソッド」が大好評。http://amazingbeauty.jp


美容ジャーナリスト
小田ユイコさん
最新のシワ&たるみコスメの特徴と技術に精通し、読者へわかりやすく届けてくれる美の伝道師。


ヘア&メイクアップアーティスト
広瀬あつこさん
多くの女性たちの肌を知るメイクのスペシャリスト。ナチュラルかつ効果的なカバー法を熟知!


医師
貴子先生
松倉クリニック代官山院長。皮膚科学、形成外科の両方の視点でシワとたるみの治療に取り組む。


タイプ別 狙いを定めて2大たるみに喝!

たるみ克服メソッド

タイプ1/加齢たるみ

Q 加齢したらどうしてもたるむの?

A 年齢によるたるみは避けられないけれど、日々のケアで差が

「加齢によるたるみは不可避。“今たるんでいないから”と油断しないこと」(貴子先生)。「肌ピークは25歳前後。その状態をいかに長持ちさせるか考えて」(岡部さん)


Q 加齢たるみに効果的な顔トレって?

A 「え・お」エクササイズでたれ頬ストップ

「たれ頬からほうれい線、マリオネットラインにまで効く顔のトレーニングを。肌をこすらず、指で頬骨に圧をかけるように行うのがポイント」と村木さん。コリが潜んでいるのが如実にわかるはず。

Image title

人差し指と中指で小鼻横をプッシュ。前歯をしっかりみせつつ小鼻を膨らませるように「え」と発音。


Image title

鼻の下を伸ばしつつ「お」と発音。10セットが目安。コリがひどい人は指の位置を横にずらしながら頬全体プッシュして。


Q 加齢たるみに効くツボなんてある?

A 小鼻横の「迎香」(げいこう)をプッシュ

ツボ押しは、デスクでもできる簡単なリフト術。「小鼻の横の迎香は、リフトアップのツボ。指の腹で5秒ほどプッシュ×5回を目安に」(村木さん)。

Image title


Q ズバリ、たるみは遺伝?

A 骨格が関わるので、シワより遺伝しやすい

「たるみの発生には骨格が大きく関わるため、親のたるみ方を見ることで将来の予測がつきやすい傾向が。シワよりも遺伝の要素が大きいと言えるのでは」(貴子先生)


Q 下がってきた口角、キュッと上げたい!

A 「頬の等高線」を上げるべし

「口角だけでなく、下がってきた頬の重力も関係します。たるみケアコスメは口元だけでなく、頬にも使って等高線を上げれば、口角もきゅっとリフトアップ」(小田さん)

Image title

コラーゲンや紫根エキスなどエイジング成分豊富。パーフェクトワン リフティングジェル 50g ¥6000/新日本製薬


Q 毛穴が目立ってきた気が…これももしやたるみ?

A たるみの可能性大。Uゾーンを観察して

「肌弾力が低下すると毛穴が楕円形になり目立つとの報告が」(小林さん)。「加齢と共にたるみ毛穴に。特にUゾーンは気づきにくく対策が遅れがちなので観察を」(小田さん)

Image title


Q フェイスラインのもったり感、メイクでごまかしたい!

A 「日焼け止めオンリーゾーン」を作り、あご下にダークカラーを忍ばせて

「耳より下のフェイスラインにはファンデーションを塗らず、日焼け止めだけにすると自然な影が。さらにコントゥア用カラーを使うなら、あご下にそっと忍ばせる程度にすると骨格美人に」(広瀬さん)

Image title

自然な影色を演出してくれるサンドカラー。ルナソル コントゥアリングスティック ¥3000/カネボウ化粧品


Image title

肌より1トーン暗い色をあご下に忍ばせ、指先でトントンなじませる。「撮影では耳下や生え際にも入れますが、自然に見せるならあご下のみに。横顔が美しく」(広瀬さん)


Q 年々、フェイスラインがぼんやり、もったり。有効なケアは?

A おでこ、耳前、あご下まで、エイジングケアアイテムをスキなし塗り

「肌が薄く広くのびて生じるのがたるみなので、引き締めて厚みのある皮膚を取り戻すこと。生え際や額、耳周り、あご下までケアしてゆるみ大顔を阻止」(小田さん)

Image title

特にフェイスラインはケアが手薄になりがち。顔の肌を支える部分なので、きちんとコスメを塗ると効果アップ。


Image title

(右)ブラックペパーミントの働きで、顔印象がくっきり。ル リフト セラム 30ml ¥16500/シャネル (左)肌環境を整え、老け細胞をブロック。プランプコンセントレート 40ml ¥10000/アユーラ


Q まぶたのたるみ、美容医療でどうにかできる?

A 使えるレーザーもあり。セルフケアと併せて検討を

「目元に使えるレーザーはいろいろあるけれど、まぶたそのものに照射できるのはスカーレットなど限られたものだけ。日頃のケアに励みつつ併用を」(貴子先生)

Image title

松倉クリニック代官山

●東京都渋谷区猿楽町16-15 T-SITE GARDEN 5号棟2F ☎03(3770)7900 診療 10:00〜19:00、定休 水曜、日曜 https://www.matsukura-daikanyama.tokyo/ スカーレット 目元 ¥55000、上下まぶた追加 ¥10000(初診料¥5000、再診料¥3000)ほか、サーマX・EYEなども。


Q たるむと大顔になるってホント?

A ホント

「肌の“支える力”が弱まりたるむので、加齢と共に縦横どちらも伸びて大顔に。また、コリが溜まるとむくみやすくなるので顔の筋肉はこまめに動かして」(村木さん)



MAQUIA 12月号

撮影/押尾健太郎 藤澤由加(プロセス) 久々江 満(物) ヘア&メイク/鈴木 翠 広瀬あつこ(プロセス) スタイリスト/田中麻理乃 福永いずみ(プロセス) モデル/RIA 福吉真璃奈 取材・文/高見沢里子 構成/吉田百合(MAQUIA) 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー 

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

たるみケアの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN