ひと手間でゆらぎ肌がカバーできる! プロのメイク技5連発

スキンケア
いいね! 2件

季節の変わり目は肌トラブルが起こりやすいもの。「MAQUIA」3月号では、みんなが抱える悩みに美のプロがびしっと回答。不調を見せないメイク術や正しい肌ケア法を伝授していただきました。

Image title


Q:目の周りがカサカサでアイメイクができない!

A:まぶたの保湿、忘れていませんか?

「目周りは保湿が手抜きになりがちなゾーン。メイク前にコットンパックをしたり、クリーム系のメイクアイテムを使うなど、抜かりなく保湿ケアを」(小田切さん)

Image title

化粧水を含ませたコットンをまぶたにのせて30秒。

Image title

目周りは専用のコンシーラーやベースカラーを使って。

Image titleクマを消し去る目元専用のコントロールカラー。インテンシブ スキンセラム コレクター 4 ¥5100/ボビイ ブラウン

Image title

肌にしっとりと一体化するようになじむリキッド状。プロディジー P.C. アイ プライマー 02 7.9㎖¥5400/へレナ ルビンスタイン


Q:日中、目元の小じわが目立ってきたら?

A:こめかみのコリをほぐして応急処置

「筋肉のコリも小じわの原因に。小じわを隠そうと無理にベースを重ねるとキレイに仕上がらないので、コリをほぐして小じわを和らげるほうがオススメです」(小田切さん)

Image title

「額に当てると振動でリンパを刺激。むくみケアにも最適」(小田切さん)VYPER レギュラータイプ ブラック ¥36000/ノースラン

Image title

両耳をつまみ、上下や外に向かって引っ張って回すとコリがほぐれて血流がUP。


【次のページをチェック!】肌の赤みを消す方法や、保湿効果のあるおすすめファンデーションはこちら》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN