メイクの正しい落とし方を今こそマスター! クリーム・ミルクタイプのクレンジング編

スキンケア
いいね! 3件

Image title

スキンケアの基本である、クレンジングと洗顔。実はアイテム選び、洗い方、落とし方を間違えているひとはまだまだ多く、それが乾燥肌やトラブルの温床に! 今回は、クリーム・ミルクタイプとウォータータイプのクレンジングを使ったHow toを、ユニリーバ開発担当の倉谷亜由美さんに教わりました!


【クリーム・ミルクタイプのクレンジングのコツ】
倉谷亜由美さん「クリームやミルクタイプはスキンケア成分が多く配合されているけれど、メイクとのなじみや、洗い流しに時間がかかります。なじませも流しも丁寧に行いましょう」。

Image title

潤いを奪わないクリーム状。ジェントル クレンジングクリーム 123g ¥3500/資生堂インターナショナル

Image title

1. オイル同様乾いた手と肌に
クリームもミルクも、水を含むと洗浄力が落ちるので乾いた手と肌に使う。量はけちらない。
2. 半透明になるまで丁寧になじませる
クリームとミルクの水分をとばし、メイクの油をなじませる。半透明になったらなじんだ合図。
3. 洗い残しがないよう丁寧にすすぐ
洗い流すのに時間がかかるので、しっかり丁寧に。きちんと乳化できていると流しやすい。


【ウォータータイプのクレンジングのコツ】
倉谷亜由美さん「ウォータータイプはすすぎ不要の手軽さが人気ですが、使用量が足りないとコットンとの摩擦で肌に刺激を与えてしまいます。コットンにたっぷりと含ませて、摩擦を軽減しましょう」。

Image title

素早くすっきり落とすふき取り系。セビウム エイチツーオー D 100㎖ ¥1200/ビオデルマジャポン

Image title

1. コットンにたっぷりと
ローションはたっぷりとコットンに含ませひたひたに。肌への摩擦が軽減できる。
2. 少し置いてからすべらせる
コットンを肌に当てたら少しそのまま置き、メイクを浮き上がらせてやさしく拭き取る。


チェック! クレンジングの疑問を解消!
Q. 朝は洗顔料を使わなくていい?
A. NO。睡眠中にも皮脂が出たり、肌に汚れが付着しています。洗い落とさないままメイクをすると、くすんだり、メイクもちも悪くなります。

次回は、シートタイプと、ジェルタイプのクレンジングのHow toを紹介します。

MAQUIA2014年12月号
撮影/山田英博(モデル) ヘア&メイク/榛沢麻衣 モデル/狩野明日香(マキアビューティズ) 構成・文/髙橋美智子(MAQUIA)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN