裏ワザストーンアートで、聖夜にぴったりクリスマスネイル!【ギ☆のセルフネイル手本帖】

ネイル

こんにちは! マキアブロガーのギ☆です。ポリッシュを使った私のセルフネイル最新デザイン。今回のテーマも、クリスマスネイル

 

最新デザインは、聖夜をイメージさせるクリスマスフットネイルです。

Image title


前回のクリスマスネイルの雪の結晶は手描きでしたが、今回はストーンアート。(→前回の記事はこちら。)

使ったのは、パール(1.5mm)とシルバーブリオン(0.8mm)。

Image title

クッキングシートにベースコートを塗って、乾いたらネイル用グルーを重ね、ストーンをのせていきます。

先端にベースコートを塗った爪楊枝や竹串を使うと効率的。

グルーが乾いたら、ハサミで切り抜き、クッキングシートをはがします。


ストーンを置く範囲が大きくなりすぎると、爪のカーブから浮いてしまうので要注意。

(実際大きすぎたので、親指にのせた雪の結晶は、外側のブリオンを取っちゃいました。)


Image title

プラチナゴールドのラメライン(アート用ブラシ使用)の先に置いたのは、


右足親指:パール(1.5mm)、クリア(2mm)、オーロラ(2.8mm)、ゴールドブリオン(0.8mm)

右足中指:パール(1.5mm)、オーロラ(2mm)、ゴールドブリオン(0.8mm)

左足親指:オパール(2.8mm)、パール(1.5mm)、クリア(2mm)、ゴールドブリオン(0.8mm)

左足人差指:パール(1.5mm)、クリア(2mm)、ゴールドブリオン(0.8mm)


使ったポリッシュはこちら。

Image title

左から

ルナソル ネイルフィニッシュN EX67 Blackish Blue

ジルスチュアート ホロスコープネイルズ 07 majestic Leo


※商品はすべて私物です。現在購入できないものもありますので、あらかじめご了承ください。


一見複雑そうなストーンアートも、クッキングシートの裏ワザを使えば意外と簡単。


ハンドをクリスマス仕様にできない方は、フットで思い切り華やかなストーンアートを楽しんで!



セルフネイルをサロンレベルに格上げする【レベル別テクニック5選】もチェック>>>



秋のおしゃれ度を加速させる最旬デザインが見つかる! ネイルカタログをcheck

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN