眉メイクに自信がないアナタ! 基本の「き」から今っぽ太眉に仕上げる方法、教えます

メイクアップ
いいね! 21件

シンプルだからこそ、仕上がりに差が出やすい眉。「MAQUIA」11月号をチェックして、ナチュラルな今どき眉を手に入れましょう! ここでは、読者からの眉のお悩みと、メイクアップアーティスト千吉良さんからのお答えをお見せします。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト

千吉良恵子さん

トレンドを取り入れた幸せ感あふれるメイクで、ジャンルや世代を問わず人気。愛称はちぎりん♪


★千吉良さん監修の特別付録【美人まつ毛&眉パーフェクトセット】の使い方はこちら≫≫


Q.三角眉になってしまいます…。

A.上辺もプレートでラインを取れます。Image title

千吉良さん「付録の眉プレートは上辺にも使えます! 下と同じく、プレートに沿ってペンシルでラインを引けば◎」。


Q.なだらかな眉尻が描けません…。

A.眉山に頂上を設けないこと。Image title

千吉良さん「眉山は一点で捉えてはダメ。なだらかな点の集合と考え、極端な頂上を作らないよう意識しましょう」。


Q.付属の眉ブラシでいいの?

A.問題なし! でも細めチップもおすすめImage title

柔らか眉に仕上げたい時はチップ使いも◎。千吉良さん「付属のブラシが今イチな時は、ぜひチップを試してみて」。


1. チップに取る

チップの面全体でアイブロウパウダーを取る。手の甲でチップをトントンとし、パウダー量を調整する。


2.全体にオン

チップの面を使って眉全体にパウダーをのせる。毛流れに沿って少しずつチップを動かして。


3.ふんわり眉に!

ナチュラルでふんわりとした眉が完成。ブラシで描くよりもエッジが目立たず、優しい印象に仕上がる。


Q.スクリューブラシは必要?

A.マストアイテムです!

千吉良さん「こなれ眉に仕上げるにはぼかしテクが必須!」。眉メイクの最後は必ずスクリューブラシ。これが今後のお約束!


【次ページをチェック】意外と間違っている人が多い!? 眉を描く順番を今こそ見直し≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN