人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

小顔に見せるチーク術! 面長さんは『ロールケーキ型チーク』で縦の余白をカット

メイクアップ

「MAQUIA」10月号では、千吉良恵子さんが、顔の余白を目立たせず美人印象を高めるチークの入れ方を提案。縦長×求心顔さんにおすすめの『ロールケーキ型チーク』をご紹介!

Image title

顔型4タイプ別
余白埋めスイーツチーク
小顔&美人印象GET

顔立ちやパーツの位置によってできる、顔を間延びして見せる顔の余白。そんな厄介な余白を目立たせず美人印象を高めるチークの入れ方を、千吉良恵子さんがスイーツに見立てて紹介してくれました。


教えてくれたのは
ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん
チークの達人といえば、やはりこの人。骨格チークが主流な時代に血色チークを生み、今も顔立ちや印象を変えるチークテクを次々提案。


Image title

(右)肌に溶け込むヌーディなコーラル
ふんわり柔らかそうな印象の頬に。肌への優しさも秀逸。ミネラルスムースチーク 01¥4000/MiMC 

(左)旬っぽさもピュアな血色感も与えるベリー
フォギーな発色。ディオールスキン ルージュ ブラッシュ 783¥5800(限定色)/パルファン・クリスチャン・ディオール


1/3

2/3

3/3

中央に血色カラーを
仕込んだ横長チークで
お洒落&柔らか印象

「年齢よりも大人っぽく、クールな印象に見えやすいこのタイプは、横に幅広く入れるベリーな『ロールケーキ型』チークをどうぞ♡ やや下めに効かす楕円状のチークが顔の縦の長さを絶妙にショートカットしてくれます。また中央からほわんと広がる血色感がピュアさを与えて柔らかい印象に。ただ、深みのあるベリーカラーは派手に転びがちなので、ベリーカラーを中心に仕込んだ上からコーラルカラーでふんわりなじませるのがポイント」

入れ方

1 ベリーを横長&下めに仕込む
ブラシを立たせつつ、やや低めの位置にチークaで小さな楕円を描いて。

入れ方

2 淡い色でベリーをぼかす
チークbで、1で塗った箇所より一回り大きな楕円を。ブラシは寝かすのが◎。


MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/寺沢 香 山本瑶奈(物) モデル/スミス 楓 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/萩原有紀(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

千吉良恵子さんのメイクを見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN