力を抜いた細ライン&ニュアンスシャドウでつくる、印象派ナチュラルEYE

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」11月号では、今年らしい囲み目とアイライン使いを小田切ヒロさんが伝授。ニュアンスカラーのアイシャドウを重ねて、濃色ライナーと強弱のバランスを。

Image title


教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト
小田切ヒロさん

Image title

メイクアップへの飽くなき探究心を、トレンド分析、言葉、テクニックでヒロ流に昇華。このメイクも全力投球で臨んでくれました!


基本のTIPSは
アイテム&色選びが勝負

アイラインが主役のメイクはアイテム選びさえ間違わなければ、あとは少しのコツで誰にでも魅力的に仕上がります。描きやすさと色・艶の幅が増したリキッドタイプは幅調節の必要がなく極細〜極太とヴァリエも豊富。陰影や光で囲むアイシャドウの選び方も鍵に。


TIPS1
キリッとおしゃれな印象には
黒の細みラインで
目尻1/3からハネ上げ

潔くミニマムなラインで誰でも最大の美人効果が出せる、目尻1/3だけのハネ上げライン。モード感を少し出したいというときに簡単。インサイドラインも描かないシンプルさが極まるラインだから、時短でメイクを済ませたいときにも。

Image title

HOW TO...

1の漆黒のリキッドライナーを目尻から1/3のまつ毛際ぎりぎりを始点に目の際に沿って目尻へ向けて描き、1cmくらいはみ出させてハネ上げる。アイホールに2のグレーをぼかす。


1 クリアなラインを長時間キープ。オイユヴィニルコオル ¥10000/クリスチャン ルブタン 
2 シックなモノトーンの陰影。ヴォランタリー アイズ 04 ¥2000/セルヴォーク

TIPS2

パステルカラーをプラスして
あどけないタレ目ライン

上まぶたの白目の目尻側1/3のところから引いた、あどけない可愛さのタレ目ライン。この曖昧さを残すにはパステルカラーのアイシャドウで甘さを重ねて。

Image title

HOW TO...

1のマットなブラウンでまつ毛ぎりぎりの際、目尻側1/3、白目のところから目の形に沿ってラインを描き、1cmはみ出して止める。2のピンクを上まぶた、3のモーヴを涙袋にのばして。


1 極細ラインが描ける。ヴィセ リシェ スーパースリムジェルライナー BR321 ¥950(編集部調べ)/コーセー 
2 透明感のあるクールで優しいマットな2色。資生堂ペーパーライト クリーム アイカラー PK201、VI 304 各¥3000/資生堂インターナショナル

TIPS3

いつもより強め視線に。
中央に3/5ライン、
目頭・目尻はあえて描かないで

上下の黒目の幅だけにラインを引くと、目の上下の幅を強調し、くりっとした愛らしい表情に。リップが強めのときなど控えめに目元を強調したいときに。

Image title

HOW TO...

上下まつ毛の際、中央の黒目の幅に描くだけなので、使うのは1の極細黒ライナーで。上まぶたには、2のほのかにグレイッシュに色づくクリームシャドウをぼかして奥行きを出して。


1 ひと筆で自然、重ねてくっきり。汗・水・皮脂をはじきお湯オフできる。ケイト ソフトブラックライナー ¥800(編集部調べ)/カネボウ化粧品

2 絶妙に染まるグレー。資生堂 ペーパーライト クリーム アイカラー GY908 ¥3000/資生堂インターナショナル


MAQUIA11月号

撮影/向山裕信〈vale.〉(モデル) 荒川雅之(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/藤野有理 構成・文/秋田ゆみ子 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN