頬が削げてしまうお疲れ顔に!イエローのチーク使いで頬ふっくら

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」7月から、ヘア&メイク イガリシノブさんのイエロー仕込みメイクをご紹介。いつものメイクにイエローを足すだけで新たなキレイが花開く。

Image title


チークにイエロー
赤みをアシストする影のイエロー

「黄色のチーク!?って驚くかもしれませんが、チークとして色を見せるためには使用しません。目元と同じように、頬の影をふっくら見せるためのコントロールカラーとして考えるといいと思います。なので、広めに入れるのが効果的です」


自然な赤みチークとコンビで使用

A 大人の血色に効くくすんだ赤。エモーショナルフェイス RD301 ¥5500(セット価格)/エレガンス コスメティックス 

B 濁りのないクリア発色。プレスト チークカラー N 15 ¥5300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

イエローを広めにのせる

Bのイエローチークをブラシにとり、頬中心から斜め下に頬下まで広めにのせる。

目尻下に赤みをプラス

くすみ赤のAを付属や小さめのブラシにとり、黒目~目尻まで重ねてポイントに。


MAQUIA7月号

撮影/資人導〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈ビュートリアム〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/藤野有理 構成・文/森山和子 企画/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN