テクニックいらずでかわいくなれる! メイクのプロも惚れこむチークブラシBest5

メイクアップ
いいね! 1件

チーク、ファンデーション、フェイスパウダー…。アイテムを生かすも殺すも道具次第。「MAQUIA」11月号では、プロが惚れ込む一生もののこだわりメイクツールを徹底取材! ここでは、5人のプロが厳選したチークブラシと、長く使うためのお手入れの方法をご紹介します。

Image title

【森ユキオさんのオススメ】

白鳳堂

森ユキオさん「白鳳堂のブラシはコシがあるのにやわらかく、適当にのせてもまんべんなくつくので、初めてメイクをする人でも絶対に失敗しません!」

Image title


ボリュームがありながらも、平筆タイプなので狙った場所にピタッと入る。G502 チークL 丸平 ¥9000/白鳳堂


上気チークを作るには

往復させて磨き入れ

森ユキオさん「ブラシにパウダーを含ませたら、頬の高い位置に往復させながら入れるのがポイント。磨きながらのせることで肌への密着度もアップ」。


【高橋里帆さんのオススメ】

RMK

高橋さん「少し平たくなったブラシは、先端だけ使って繊細に仕上げたり、寝かせて大きく使ったりと、調節が自由自在」。

Image title


肌あたりが良く、サッとはらうだけで自然な仕上がりに。チークブラシ ¥4000/RMK Division


上気チークを作るには

先端を使って高発色

ブラシの先端を肌に垂直にあて、左右にスライドすればしっかりとした発色に。Image title


その上からブラシを寝かせてぼかせば、じわんとにじむような上気肌が完成。Image title

【次ページをチェック!】ふんわり上気肌に仕上げやすいチークは?≫≫


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN