憂いのあるピンクグラデアイが主役! 河北裕介さんが教える洒落感・好バランス

メイクアップ

周囲を出し抜けるピンクメイクって?「MAQUIA」3月号では、河北裕介さんが大人のためのピンク使いテクニックを披露。目元にピンクを効かせておしゃれ上級者に!

Image title

Q 河北さん、大人のピンクを
素敵に魅せるには?

A 甘いピンクを辛口のスパイス
に変えていくのが正解!

「最初に言ってしまうけど、正直なところ、僕はピンクが苦手。だって、ピンクを使うと、一気にコンサバや甘ったるい方向に転びがちだから。この春見かけるバリエに富んだピンクは心くすぐられると思うけれど、素敵に魅せたいなら計算しつつ使ってほしい。パンチの効いたピンクにトライしたいなら顔の中で占める分量はなるべく少なくすべきだし、ピンク主役のメイクなら他のパーツは抜け感を出したり、補色のブルーで引き締めたり、必ず甘さの引き算をすべき。そうすれば、甘口のピンクが一転、辛口のスパイスとなり、ぐっと洒落るはず」

by  YUSUKE KAWAKITA


河北PINKメイク、
配色セオリー

theory1

濃いピンクは
1点盛りがお約束

濃い発色&彩度の高いピンクは、目や唇の一点にピッと効かせて。顔の中に占める分量はなるべく少なめに。

theory2

補色ブルー投入で
辛口に調整せよ

黒でキワを締めると古臭くなりやすい。ピンクって実は青みが含まれている色だから、ブルーで締めると洒落る。

theory3

甘くならないよう、
抜け感がマスト!

ピンクは甘ったるくなりやすいから、ノービューラーやノーライン、ノーチークなどで抜けを作るのが大切。


PINK GRADATION
“ピンクグラデアイに合わせるのは
血色レスなヌードリップ”

「お洒落を気張りたい、カッコよく攻めたいという日は、パンチはありつつほのかに憂いも感じさせるピンクアイとヌードリップのこなれ感のある組み合わせで、周囲を出し抜いて。鮮やかなピンクのグラデーションの目元が主役だから、頬と唇、両方の血色感をマイナスするのが決め手。」

1/2

2/2

腫れぼったさゼロの
旬な目元に

左上&中央のピンクを広め、右下を締め色として使用。下まぶたにも、左上&左下を混ぜてひとさし。河北さん一押しのパレット。ディオール サンク クルール〈グロウ アディクト〉 887¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品)

オレンジみを含んだゴールドベージュ。ふっくら濡れたようなツヤ唇に。ザ ルージュ BE352 ¥3500/コスメデコルテ(2/16発売)


MAQUIA3月号

撮影/中村和孝〈まきうらオフィス〉(モデル) 山口恵史(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/木津明子(モデル) モデル/藤野有理 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN